あなたは気付いていますか?

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本であればどんなに年収が低くても、
ご飯が食べられない…なんてことはありません。

飢えないというのは、
人類が誕生してから求め続けてきたことです。

それが達成できている場にいるわけですから、
この日本に住んでいるというのは、
それだけで本当に幸せなことです。

あなたはそれに気付いていましたか?

ビジネスがうまくいく人というのは、
「今の幸せ」を見る力がある、
ということがお伝えしたいのです。

お金が足りない…
人が足りない…
景気が悪い…

ビジネスがうまくいかない理由は、
探せばいくらでもあります。

でも、面白いことに
会社がどれだけ大きくなっても
全てが満たされている会社は、
どこにもありません。

100億円の売上がある会社の社長でも、
「人が足りない」「お金が足りない」
と言っています。

つまり…
起業したての会社にはその会社なりの
売上1億円の会社には1億円の会社なりの
売上10億円の会社には10億円の会社なりの
売上100億円の会社には100億円の会社なりの
心配、不安、フラストレーションはあるのです。

ですから、その足りていない中でも
使える資源は何か?それを徹底的に考え、
最適に配置する。

それが経営です。

もし使える資源がないなら…?

会社はさっさと閉じてください。

でも面白いことに、
これまでコンサルティングしてきた中で
本当にゼロ、資源は何もない
という会社には出会ったことがありません。

実績ゼロ、資金数万円しかないという、
起業したての会社ですら何か見つかります。

見つからない理由は簡単、
自社や競合しか見えていないから。

「うちの強みは何だろう?」
なんて考えていたら一生見つかりません。
そこにはお客さん視点がないわけですから。

見つけた強みは独りよがりでしかありません。

ですから…
「お客さんがこうなりたいと描く理想の未来に対して
 自分の会社はどのような形で価値提供できるのか?」
このように質問してみてください。

これを徹底的に考えれば
結果的に自社の強みが見つかります。
ぜひお試しあれ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*