ウェブページは役割を分ける

北岡 秀紀 北岡 秀紀

広告用のランディングページに、
SEOの役割を担わせようとする方がいます。

しかし、それは無理です。

ランディングページは、
お客さんに行動してもらうために作ります。
ですから、どうしても作りをシンプルにする必要があります。

逆にSEO用のページは、
情報量を増やす必要があり、
結果として作りが複雑になってきます。

この間逆の要素をいっしょに含めることはできません。

ですから、少し面倒かもしれませんが、
・ランディングページはランディングページ
・SEO用のページはSEO用のページ
・セールス用のページはセールス用のページ
と役割ごとにページは分けるべきです。
当り前のことです。

しかし、
ランディングページのはずなのに、
頭の隅で「SEO・・・」と誰かがささやくのでしょう。

ちょっとしたSEO的な
小細工をしているページを良く見ます。

気持ちはわかります。

でも、それが成果を下げているのです。
ひとつのページには、ひとつの役割しか与えられない。
絶えず頭に叩き込んでおきましょう。

【無料】価格アップに成功した3人の事例インタビュー

お客さんからの抵抗なく価格アップに成功した
3人の事例インタビュー
知りたい人は他にいませんか?


無料で価格アップの事例を手に入れるにはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*