読書をスキルに結びつける方法

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人的にオススメしている勉強法が、
読んだ本の自分にとっての必要箇所をまとめることです。

大切なのは2点。

1.要約ではなく「自分にとって必要な箇所」を書くこと

「『今の自分にとって』重要なことだなぁ」
と思ったところだけをまとめます。

「いつか役に立ちそう」
「この著者がイイタイコト」
などは残す必要はありません。
ことビジネス書に関して言えば、
情報を取ることだけが目的ですから。

2.人に教えるように書くこと

単に、箇条書きでポイントを書くのではなく、
そのポイントを誰かに教えるように書きます。

私の場合、
ビジネス書を全く読まない
弟に向けて書きました。
勉強になるし、
感謝してもらえるし
一石二鳥です。

ブログに書く。

聞いてしまえば簡単な方法です。
でも、これはかなり強力です。

普段本を読まない人であれば10冊
普段から本を読む人で30冊
これくらい続ければ、
実感として「違う」と感じられます。
ぜひお試しを。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*