ランディングページは完成させない

北岡 秀紀 北岡 秀紀

ランディングページをイチから作った時、
費用と時間をかけてページを完成させないことがポイントです。

やたらとグラフィックにこだわったり、
キレイさにこだわらないことです。
なぜならイチから作ったページは、
テストをしながら徐々に完成させていくことが前提だからです。

特にヘッドラインやサブヘッド。
ここはかなり頻繁に変更します。

ですから、画像で作ればキレイにはできますが、
私の場合、テキストで作ります。
変更したい時にすぐに変更できますから。

ある程度テストを繰り返し、成約率が安定してきたら、
お好きなようにキレイに変更しても構いません。

もちろんキレイにした瞬間、
成約率が落ちることもありますからテストは必須です。

ちなみにLPO(ランディングページ最適化)の観点から見た場合、
ページのキレイさが成約率に影響することは少ないようです。

キレイかどうかうんぬんよりも、
伝えたいことが伝わるわかりやすい構成であるかが最も重要です。

【無料】価格アップに成功した3人の事例インタビュー

お客さんからの抵抗なく価格アップに成功した
3人の事例インタビュー
知りたい人は他にいませんか?


無料で価格アップの事例を手に入れるにはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*