儲けたければ客のことを考えるな!

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お客様の気持ちを徹底的に考えろ」
言葉は違っても誰もが同じようなことを言います。

これは基本的には正しいと思います。

ですが、ある一面で間違っているとも言えます。
あらゆるマーケティングにおいてです。

どういうことかというと、マーケティングで重要なことは、
その打ち手が本当に効果があったのかを検証することです。

効果がなければすぐに止めるべきですし、
効果があればどんどん費用を投下すべきです。
当り前のように聞こえますが、こんなことがおこります。

・丸一日考えてようやくできたヘッドライン
・思いつきでできたヘッドライン
でテストしてみると明らかに後者の方が反応率がいい。

普通なら後者を採用するところですが、
前者に思い入れがあってなかなかあきらめられない…
なんていうことが起こります。

作り手はそのヘッドラインができた背景なども
感情的に判断基準に入れてしまうのです。
このように書くと、「そんなのおかしい」とわかります。

でも、現場では実際によく起こっていることなのです。
特にお客様のことを徹底的に考えれば考えるほど、
そのマーケティング上の打ち手そのものにも感情が入り、
このようなことが起こる可能性が高まるです。

ですから、戦略・戦術、打ち手を考える時には、
徹底してお客様のことを考える。

でも、いざ検証の段階に入ったら、徹底して感情を排除することです。
「お客様」と呼んでいたのを「客」とか「数字」としてしか見ない。
極端な話ですが、徹底的に成果を高めるためには、
そのくらいの考えで効果検証をすべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*