モンスターハンターはもう止めよう(経営者ver)

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モンスターハンターは経営者がやるべきではありません。 あ、ゲームじゃなくて。。。
当初の約束以上のサービスを求めてくる・・・
必要以上に値切ってくる(価格しか見ない)・・・
理不尽なクレームを言ってくる・・・

ビジネスをしていると残念ながら、そういうお客は一定確率で存在します。
モンスターペアレンツにかけてモンスター客とでも呼びましょうか。
(以前、「ウザい客」と言ったら、かなり非難されたので、
 ちょっと表現を柔らかくしておきます(苦笑))

「お金を払った人がエラい」「お客様は神様だ」と思っている人は、
どうぞリアル版モンスターハンターで徹底的に遊んでください。
エネルギーが吸い取られ、利益率は下がり、得意客は離れ、
ビジネスがジリ貧になること請け合いです。

逆に、このモンスター客を切ることができれば、
大切な仕事や優良客にもっと時間・エネルギーを割けるようになり、
利益も売上もアップします。

ではどうすれば、ウザ・・・モンスター客に当たらないで済むのでしょうか?

今回は3つお話ししましょう。

1 値上げする

値段を上げれば、相対的にモンスター客の比率が減ります。
ドンキホーテとルイヴィトン。
どちらにモンスター客が多そうですか?

2 こちらの理念・考えを伝える

値引きはしません。過剰サービスはしません。
こちらのスタンスを【売る前に】しっかりと伝えるのです。

3 お金を返して「さようなら」

比率を減らしたとしても、モンスター客は一定確率で現れます。
そんな時は、とっとと返金して「さようなら」してください。
今後、自社の商品を買わないことも約束させることを忘れないように。

(ただし、道理に合わないような返金要求の場合、
 悪しき前例を作らないために徹底的に戦うことも必要です。)

3つともシンプルですが効果大です。
初めは勇気が入りますが、ぜひ試してください。
一気にあなたのビジネスが好転します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*