脱落率を下げる

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、あるチェーン店で食事した際、
ひょんなことからQRコードで
お店の会員登録をすることになりました。

QRコードで指定されたメールに空メール送信
 ↓
URL付きのメールが届くので、
そのURLをクリック
 ↓
会員登録画面に必要情報を入力

・・・ここであることに気付きました。
名前、メールアドレスを入力したあと、
なぜか利用店舗を選択させられるのです。

「大阪店」「西梅田店」「梅田店」…
みたいな感じで10択くらいだったでしょうか。

でも・・・
チェーン店で「ここは●●店」と
意識している客なんてまずいません。

「新宿店」「渋谷店」程度ならともかく、
もしスタバのように同じ新宿に
何軒もお店があるような業態だとしたら・・・

「新宿●●店」「新宿▽▽店」・・・
お客からするとどれがどれかなんて、
まずわかりません。

というわけで、
「QRコードに何店かわかるコード入れとけば
 それでいいんじゃないですか?」
このシステム会社の社長にダメ出しの電話。
(たまたま知り合いだったので)

「それは思いつかなかった!」らしいです(笑)

2日でシステムを改善して、
あるチェーンで試したところ
会員登録画面で脱落する人の割合が
2割減ったそうです。

2日で改善してテストしているんですから、
かなりのスピード感です。

やっぱりデキる社長は違います。

あなたの会員登録、商品販売のプロセスも
一度自分で登録、販売をしてみてください。
必要のない作業をお客さんにやらせていませんか?

登録は最小限にシンプルにする
これが原則です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*