顧客をなんと呼ぶ?

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客のことを社内でなんと呼ぶか?
細かなことですが、意外と大事だったりします。

・「客」と呼ぶ会社
・「お客」と呼ぶ会社
・「お客さん」と呼ぶ会社
・「お客様」と呼ぶ会社
呼び方によって、
不思議と顧客の対応法が違います。

◆「客」と呼ぶ会社

いわゆるゴリゴリ、
イケイケ営業の会社に多いです。
押せば何とかなるという
マインドの人が多いです。
でも、こういう会社に限って、
壁に「顧客満足」って貼ってあるんです(笑

◆「お客」と呼ぶ会社

ダイレクトレスポンスマーケティングを
している会社に多いですね。
全てを数字で判断する
理科系なビジネスをしています。

◆「お客さん」と呼ぶ会社

ビジネスというより商売をしている会社。
個人対個人の関係を築く傾向。
ビジネスが属人的に
なっているところが多いです。

◆「お客様」と呼ぶ会社

顧客の言うことは絶対と信じる会社。
・圧倒的なサービス精神
・卑屈な下請け的な思想
どちらかにキレイに2つに分かれます。

 

どれが良いとか悪いとかはない、と思います。
顧客とどう関係を築いていきたいか、
というところから一番しっくりくる
呼び方をすればいいです。
呼び方を変える。

それだけで、
顧客対応の仕方が変わってくるのは
何とも不思議なことです。

ちなみに弊社は「お客さん」で統一しています。
外向けの場合は「クライアント」と言いますが。
でも、あまり気に入っていません。

いい呼び方がないか、模索中です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*