成果を上げる技術3:1のダメージに気付く

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
130217-1

成果をあげるのはドラクエと同じで
一定レベルに達すると
そのレベルの敵(=問題)は全て倒せるようになる。

でも、ドラクエと違うのは、
1 コチラのレベルに合わせて敵が出てきてくれない
2 その行動がレベルアップにつながるものかわからない
ということをお伝えしました。

今回は、まず1について。

ドラクエの場合は、ゲームの開発者が、
こちらのレベルに合わせて敵を配置してくれています。

でも、現実のビジネスの世界ではそうはいきません。
こちらがレベル3なのに、
レベル10の敵が出てきたりします。

どのように対処すればいいのか?

たったひとつしかありません。
「淡々と行動し続けること」です。

コチラがレベル3で敵がレベル10でも、
攻撃を加えればダメージを与えることができるわけです。
それはたった1かもしれませんが。。。

しかし、それを繰り返せば、
いつかはレベル10の敵を倒せますよね。

ただ、多くの場合、
敵をやっつける前に心が折れて、
戦うのをやめてしまいます。

心が折れない方法

では、途中で心を折れずに
戦い続けるにはどうすればいいのか?

ダメージを順調に与えている、
ということを知る、ということです。

1ずつしかダメージを与えていないわけですから、
敵の見た目はほとんど変わりません。
だから、「あ〜攻撃が効いていない」となり、
途中で諦めてしまうことになります。

でも、HPの数字を見れば、
順調に1ずつダメージを与えていることがわかります。
ダメージを与えられていることがわかれば、
これを繰り返せば倒せる、と理解できる。

だから、心が折れずに戦える、
という理屈です。

30gに気付けるか?

ダイエットで例えましょう。

ダイエットでもなんでも途中でやめてしまう理由は、
「うまくいっている感」がないからです。
「こんなに走ったのに体重が減ってない。」と。

そう言うときはどうするかというと、
1グラム単位で計測できる体重計を用意します。
普通の体重計は100グラム単位ですから、
30グラム減っても気付けない。

でも、1グラム単位で計測できれば、
それに気付くことができる。
「お、30グラム減ってる。」

ということは3日続ければ90グラム
10日続ければ300グラム減る、
ということが想像できます。
だから継続できる、というわけです。

ですから、ゴールにほんの少しでも
近づいていることを実感するようにしましょう。

そうすれば、成果をあげるための行動を継続できます。
継続できれば、当然、最終ゴールに到達できる、
というわけです。


【成果をあげるために学ぶこと3】

成果をあげるために「やったこと」を計測する。

特にはじめは成果に向かっている感が薄い。
だから、小さなものを見逃さず計測する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>