改善を身につける方法01

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
131014

昨日のエントリー
ブレイクスルーを一発狙うより、
日常的な改善が重要、
ということをお伝えしてきました。

とはいえ、多くの「改善」を語る人は
「問題意識をもって日常業務に取り組め」
みたいなことを言うわけです。

でも、社長なら問題意識はもっているはずです。
にもかかわらず、課題が見つかりません。
となれば、改善も何もできないわけです。

では、どうすれば改善ができるようになるのでしょうか?
「改善という『行動』を習慣にしてしまう」ということです。

日頃から業務を改善する習慣ができてしまうと
「どこか改善する場所はないか?」
と無意識に課題を探すようになります。

改善ポイントを見つける方法を知るワーク

それを実感できるワークがあるので、
やってみましょう。

===【ワーク】===

となりの部屋にある
「赤いもの」はどれくらいあるでしょうか?
となりの部屋に行かず考えてみてください。

そのあと、となりの部屋に行ってみてください。

===========

  ↓

  ↓

  ↓(ここで隣の部屋に行ってみてください)

  ↓

  ↓

  ↓(ほんとに行ってくださいね)

  ↓

  ↓

行きましたか?
思った以上に「赤いもの」が
となりの部屋にあったことに驚いたと思います。

これを「カラーバス効果」と言い、
意識すると関連情報が入ってきやすくなる
という脳の習性です。

自分の子供が出来ると妊婦が増えたように感じたり
クリスマスにカップルが多いように見えたりするのも
同じ効果によるものです。

改善する習慣をつけると
改善に対してカラーバス効果が働き、
改善する場所を無意識に見つけようとするようになる、
というわけです。

じゃあ、どうすれば改善の習慣を
身につけることができるか??

それは、次回お話しします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>