成果をあげる技術2:ドラクエから学ぶ

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
130216

成果をあげる方法について、
引き続きお伝えします。

私がクライアントに
アドバイスしてもアドバイスしても
なかなか成果が出ない時、というのがあります。

こういう時、どうするかというと、
二の矢、三の矢とどんどんアドバイスをしていきます。
そして、どんどん実行してもらいます。
でも、成果は出ません。
もちろん、それは想定済みです。

でも、さらに四の矢、五の矢を射つようにアドバイスします。
すると・・・
ある日、突然、ポンっと成果が出る日がきます。

そうなればシメたもの。
あとは、やればやるだけ成果が出ます。
アレをやっても、コレをやってもうまくいく…
ということが起こります。

自分が無敵じゃないか?
と勘違いするほどうまくいきまくります。

で、ある日突然、
また何をやってもうまくいかなくなります。
そうしたら、また二の矢、三の矢、四の矢と
どんどん打ち込んで行きます。
一定期間それを続けると、
何をやっても成果が出る日々が始まります。

成果をあげること=ドラクエ

ここからわかることは、
「成果をあげる」ということは、
ドラクエと同じだ、ということです。

いちばん初めは、
最弱の敵であるスライムと戦うのも、
そんなに楽勝、というわけではありませんよね?
でも、レベルがあがっていくと、
スライムなんて弱過ぎて全く歯ごたえがなくなります。

楽勝だなと思って、新しい次の洞窟に行くと、
全く新しい敵が出てきます。
それを倒すのは、結構大変です。

でも、洞窟をクリアしてレベルがあがると、
洞窟の敵が楽勝になります。
そして、次のステージにあがると、
そこの敵を倒すのは、ちょっと大変・・・

で、何かの拍子で、
以前行ったことのある場所に行くと、
敵は全部弱いですよね?

成果が一度あがれば後は簡単

成果をあげるのも同じことです。
一度、レベルがあがると、
そのレベルの成果をあげるのは、
もの凄く簡単になります。

だから、
もがいてもがいて成果が出せるようになると、
そのレベルで発生している課題が全て解決します。
つまり、成果がバンバン出ることになります。

で、その成果を全て出し尽くすと、
さらに上のレベルの敵(=課題)が発生します。
これを倒すには、またもがいて、
自分のレベルをあげるしかない、
というわけです。

逆に言えば、一度レベルが上がってしまえば、
それ以下の課題は楽勝だ、ということです。

例えば、
月収200万円に到達すると、
どんな問題が発生しても、
月収100万円を切ることはほとんどありません。

200万円というのは今いる洞窟の敵レベル。
だから、ちょっと歯ごたえがある。
でも、100万円は、
ちょっと前のステージにいた敵の強さだから、
まァ、楽勝だよね、という感じです。

レベルアップの方法はただひとつ

成果をあげられるように
レベルアップするための方法はたったひとつ。
ドラクエで言えば経験値をアップすること。
現実世界でいけば、
【レベルアップにつながる】行動をすること。

簡単ですね。

ドラクエとの違い

ただ、ドラクエと普段のビジネスとでは、
決定的な違いが2つあります。

そのひとつめが、
こちらのレベルに合わせて敵が現れてくれない
ということです。

ドラクエの場合は、ゲームの開発者が、
こちらのレベルに合わせて敵を配置してくれています。

でも、現実のビジネスの世界ではそうはいきません。
こちらがレベル3なのに、
レベル10の敵が出てきたりします。

そして、ふたつめが
その行動が【レベルアップにつながる】ものかがわからない、
ということです。

ドラクエの場合、敵と戦えば経験値がたまります。
それを繰り返せば、いつかはレベルアップできます。
しかし、現実世界の場合、
経験値につながらない行動がたくさんあります。

そして、残念ながら、
今とっている行動がが経験値につながっているか?
自分でなかなか気付くことはできません。

コチラのレベルに合わせて敵が出て来ない
その行動がレベルアップにつながるものかわからない

次回はこの対処法についてお話します。


【成果をあげるために学ぶこと2】

行動すれば、それに比例して成長するわけではない。
行動を続けると、ある日、突然成長する。

つまり、人は直線ではなく、階段状に成長する。

成長したら、
そのレベルまでの課題が一気に解決し、
バンバン成果が出る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>