読者の感情をグラグラと揺さぶるシンプルな方法

川崎 功瑛 川崎 功瑛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150909

Kawasaki

今日はとてもシンプルな話です。

シンプルですが、使いこなせるようになると
セールスレターや教材のなかで、かなり強力な
効果を発揮するようになります。

その方法は何か?というと、

ズバリ、「他人とのつながりの描写」です。

と言われても、「?」だと思うので、
もう少し詳しく話していきますね!

誰かに影響を受けている

我々は、1人では生きていけません。

必ず誰かのお世話になったり、影響を
受けて生きています。

そこであなたも周りの人たちからの
評価を意識する瞬間があるハズです。

たとえば、

あなたが起業準備中の方であれば、、、

・起業の相談をした友人に「やめとけって、
そんな冒険するの・・・」と止められ、自信を
失ったことがあるかもしれません。

・両親に「何バカなこと言ってるの!」
と反対され傷ついたことがあるかもしれません。

・「辞表を出そう!」と決意したけれど、その
決意がグラグラと揺らぎ、「上司に何て言われる
だろう・・・」と明日出そう、明日出そうと
机の中に辞表が眠って1ヶ月以上経っているかもしれません。

これって、周囲の目や反対にかなり影響を
受けていることになります。

理想の評価をもらっている様子を描写する!

そこで、それをクリアしたときのこんな様子が
セールスレターに入っていたらどうでしょう?

==============================

いつも友達には「お前にはムリだ。やめとけって」
と鼻で笑われていませんか?

ですが、あなたが起業をして成功を掴んだ時、
鼻で笑っていた友達全員が、勇気がなく起業できない
自分との差を痛感し、青ざめた表情であなたを見つめていたらどうでしょう?

かなり、スカッとするのと同時に、
波紋ひとつ起きないスーッと静かな心境になると思いませんか?

そして、「俺もできたんだからお前にもできるよ」
と子どもを諭すように、上から目線でアドバイスできる
ようになるハズです。

===============================

ちょっと表現がストレートすぎかもしれませんが、
起業志望の方にとってはかなり感情が動く一文と
なるハズです。

周囲の評価に意識を向けよう!

セールスレターでは、自分の得たい欲や
避けたい痛みを描写するのが大事だと言われています。

それはもちろん正解です。

ですが、今回の例のように「周りを意識した表現」
もかなり相手の感情を揺さぶることができます。

フェラーリが欲しいなんていうのも、
突き詰めたら他人にどう評価されたいか?
というステータスでしかありませんしね。

無人島で1人になったときに、
フェラーリなんて欲しくならないハズです(笑)

リサーチして見つけ出しましょう!

ということで、他の例をだすと、

・父なら子ども
・夫なら妻
・女性なら彼氏
・男性なら彼女や友人の女性

などなど、「この人からこんな評価を受けたい!」
と思っている人が必ず1人はいます。

それをリサーチ、クライアントへのヒアリングで見つけ出しましょう。

そして、あなたの商品を買うことで、どんな結果を得られ、
その先にどんな評価を周囲からされるようになるでしょうか?

この質問に少し取り組んでもらい、
ぜひセールスレターやコンテンツの中に
入れてみて下さい。

思った以上の反応が得られることをお約束します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>