ブログやメルマガに読者が集まらない時の最終手段

間宮 一樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
141111

Mamiya

ブログやメルマガを長いことやっている。
でも、どれだけがんばっても
思ったように読者が集まってこない・・・。

今回は、そんな時にどうするべきなのかをお話します。
 
 
ブログやメルマガに読者を集める方法は大きく分けると
3種類あります。

1.記事の数を増やす(SEO)
2.広告を出す(PPC)
3.紹介してもらう(アフィリエイト)

このどれか、もしくは全部に取組めば、
読者は徐々に増えていくはずです。
 
 
ですが、時には全てに取り組んで、
どれだけがんばっても読者が増えていかないこともあります。

この3種類の方法をやりきっても読者が増えない場合、
もしかしたら、
そもそものテーマ設定が間違っているかもしれません。
 
 
読者のいない分野のテーマになってしまっていたり、
あなたに向いていないテーマなために
内容に深みのない記事になってしまっているかもしれません。

もしテーマが違っていたのがわかったなら・・・

残念ながら、ブログやメルマガを
はじめからやり直すことを考える必要があります。
 

どうしてもだめな時はテーマ設定を見直す

ブログやメルマガを始める前に
一生懸命考えて決めたテーマだと思います。

そのテーマが間違っていることを認めるのは辛いですが、
上手く言っていないのだから仕方がありません。

テーマを見なおして再出発すれば、
読者の集まるものになる可能性は高まります。
 
 
読者にウケないテーマ設定をしてしまっている場合、
どんなにテコ入れをしても改善は難しいです。

多くの場合は、今あるブログやメルマガを改良するよりは、
新しくはじめてしまったほうが楽です。
 
 
失敗したテーマの原因を探り、
新しく作り直すこともぜひ考えてみてください。
 

始めたからといって続けないといけないことはない

一度ブログやメルマガを始めたからといって、
それをずっと続けなくてはいけないという義務はありません。

仮に読者が何人かいたとしても、
その人のために続けなくてはいけない、
なんてことはまったくありません。
 
 
たまに、「楽しみにしている読者のために・・・」
と言って止めることを嫌がる方もいらっしゃいます。

ですが、残念なことに
読者はそんなにあなたに注目していません。

ずっと続けていたメルマガが急に来なくなったからといって、
読者にとってほとんど影響はありません。
 
 
読者のために止められないというのは、
あなたが勝手に心理的な壁を作ってしまっているだけです。

上手くいかないとわかったら、
すぐにスパッとやめてしまっても問題はないのです。

(有料メルマガとか、有料会員ブログとか、
 読者に何か提供することを約束している場合は別ですよ。)

 

何度もやり直すことでいいものが作れるようになる

ブログとメルマガに限ったことではありませんが、
インターネットマーケティングは最適化のくり返しです。

テストしてみて、良かったか悪かったかを判断し、
どんどん改良を加えていくのです。
 
 
インターネットで上手くいっている人は、
必ず何度もやり直しを経験しています。

上手くいくまでに5回もブログを一から作りなおしていたり、
メルマガ読者が1000人以上いても思ったような結果でなければ
全てを捨てて新しいメルマガをはじめたりしています。

今、上手くいっているように見えるブログやメルマガも、
何度もやり直しを経験してきたからできているのです。
 
 
ブログやメルマガを止めたとしても、
はじめる前のゼロの状態になるわけではありません。

上手くいかない例を一つ経験した自分になっていますから、
必ず成長しています。

ですから、
次に始めるものは、さらにいいものができるはずです。
 
 
特に初めのうちは失敗することも必要です。
どんどん失敗を重ねていくうちに
読者が集まるブログやメルマガを作ることができるようになります。

失敗をバネにして、次に進んでいきましょう。
 
 
と言うことで、結論としては

上手く行かなくてどうしようもない場合は、
スパッとやめて新しく始めてください!

ということです。

上手くいかないまま同じことを続けていても
まったく時間のムダですから、
こういう決断をすることも大切ですよ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>