【セミナーの集客方法16選】集客効果を上げる3つのコツも紹介!

鷲津晴人
セミナーの集客方法

今回は、セミナー集客の代表的な16の方法と集客効果を上げる3つのコツについて解説していきます。

 

  • 「どうやってセミナーに人を集めれば良いかわからない」
  • 「いろんな集客方法を試しているけどなかなか集まらない」
  • 「もっと効率的でコストのかからない集客方法が知りたい」

と悩んでいませんか?

 

セミナーは、顧客を教育してあなたの商品やサービスを使ってもらう「先駆け」となるものです。

「売上・利益アップ」に直接つながる大事なイベントですから、できる限り多くのお客さんを集客したいですよね。

 

とはいえ、手間やコストのかかる集め方は本業に支障をきたすので避けたいところです。

 

セミナーの集客方法には、チラシを作成したり口コミで宣伝してもらうといったアナログなやり方もあります。

ですが、「効率的かつ低コスト」なのは「ネット(web)」を使った方法です。

 

ネットを使う方法には、お金を払って広告を出す方法もあれば、1円もお金を払わず「無料」できる方法もあります。

 

よって、ネット(web)を使う集客方法は知らないと単純に損ですし、皆がやっているネット集客をやらないのは勝ち目のない無駄な戦いをするようなものです。

 

この記事では、効率的かつ低コストでセミナー集客できる代表的な方法を解説していきますので、気になるところからでもチェックしてみてください。

 

【セミナーの集客方法】効率良く人を集められる16のノウハウ

セミナー集客の16のノウハウ

効率良く人を集められるセミナー集客方法には、主に以下の16のノウハウがあります。↓

  1. 「無料」の情報サイトを活用する
  2. 「有料」の情報サイトを活用する
  3. チラシ(新聞折込)
  4. チラシ(FAX)
  5. 集客代行を使う
  6. 自社のホームページ
  7. ブログ
  8. Google広告
  9. Yahoo!広告
  10. SEO
  11. Facebook(フェイスブック)
  12. LINE(ライン)
  13. Twitter(ツイッター)
  14. メールマガジン
  15. DM(ダイレクトメール)
  16. 口コミ

ご覧の通り、ほとんどがネット(web、SNS)を使った方法で、効率的かつ低コストで集客したいなら試すべきです。

しかし、チラシや集客代行、口コミといったアナログな集客方法もバカにできませんので、合わせて確認しておいてください。

 

セミナーの集客方法1.「無料」のポータルサイトを活用する

セミナーの集客方法の1つ目は「無料のポータルサイトの活用」です。

以下8つのポータルサイトを利用すれば、「登録料・掲載料・手数料」をかけずに完全無料でセミナーの告知を行うことができます。↓

サイト名 特徴

こくちーず(告知’s)

セミナーだけでなく、イベントや交流会の告知もできるサイト。サイトを開くと「カテゴリー別」「人気」「締め切り間近」でセミナーを検索できるので、ユーザーの利便性は高い。

ATND(アテンド)

セミナーだけでなく、飲み会や交流会も告知できるサイト。告知者にとっては「無料」でイベントの運営管理までできるので、利便性が高い。

イベントフォース

セミナー、勉強会、交流会の告知ができるサイト。他のサイトにはない、参加者同士で交流を図れる無料の「参加型イベントポータル」を備えている。

セミナー情報.com

無料セミナーポータルサイトの中では認知度が高い。「おすすめのセミナー」や「認知度の高いセミナー」といった形で最新情報が更新されおり、利用者も多い。

セミナーバンク

経営から趣味まで様々なジャンルのセミナーを告知できるサイト。無料で告知できるが、セミナーバンクの「メルマガ」を使って集客できるオプションもある。セミナーに興味がある人へアプローチできるので集客効果は高い。

イベントカレンダー+ログ

IT、製造業、ビジネス関係のセミナー(イベント)を告知できる。イベント登録数は約3000件で最新情報が更新されている。名前の通り、日付順でセミナーを探せるシンプルなサイト。

セミナーチャンネル

ビジネス、検索エンジンに関するセミナーを告知できるサイト。ネット関係(web、SEOなど)に興味がある人が集まるので、web事業を行なっているなら効率的に人を集められる。

FIDELIビジネスセミナー

金融、経営、マーケティングなどビジネス系のセミナー専門のポータルサイト。有資格者が行う格式の高いセミナーが多く、利用者にとっては安心してセミナー検索ができる。

 

上記は「Google検索数の多い順」に並んでいるので、より多くの人にあなたのセミナーを知ってもらいたいなら、上から順に利用することをおすすめします。

 

とはいえ、自分のサービスにあった無料ポータルサイトを利用してみてください。

 

セミナーの集客方法2.「有料」のポータルサイトを活用する

セミナーの集客方法の2つ目は「有料のポータルサイトの活用」です。

以下4つのポータルサイトは「登録料・掲載料・手数料」のいずれかを払ってセミナーの告知を行うことができます。↓

サイト名 特徴
ストリートアカデミー セミナーやレッスン、講義の告知ができるサイト。ビジネス関連よりも趣味や美容、語学分野の掲載が多い。登録料と掲載料は無料だが、集客したら売上の10〜20%を支払う仕組み。
セミナーズ 経営者や起業家向けのセミナーサイト。世界トップレベルの講師を呼んだセミナーなどが掲載され支持者も多い。登録料や掲載料は無料だが、集客したら売上の5〜15%を支払う仕組み。
セミナーbiz ビジネス、起業、金融系のセミナーが多く掲載されているサイト。無料会員と有料会員のプランがあるが、有料会員にならないと使い勝手はあまり良くない。
MAINICHIセミナー情報 ビジネス系(経営、金融、営業、IT)のセミナーを告知できるサイト。1社あたり1本までは無料で掲載でき、2本目からは1本1週間あたり2,160円(税込)の掲載料が発生。

 

有料なだけあって知名度の高いサイトが多いので、資金に余裕があるのなら無料サイトより効果が期待できます。

 

とはいえ、コストを少しでも減らしたいなら、まずは無料サイトを使って集客できるか実験してみるといいです。

無料で集客できるに越したことはありませんからね。

 

上記もGoogle検索数で多い順に並んでいるので、利用するサイトに迷っている場合は一番上から検討することをお勧めします。

 

セミナーの集客方法3.チラシ(新聞折込)

セミナーの集客方法の3つ目は「チラシ(新聞折込)」です。

あなたのセミナーを告知するチラシを作り、新聞折込を利用して各家庭にまけば一定数の集客効果が期待できます。

 

チラシ作成にかかる費用は、1枚あたり「1〜20円」と幅広く、多くすればするほど安い傾向があります。

新聞折込にかかる費用は、チラシ1枚あたり「3〜4円」くらいです。(例:1000枚で3000〜4000円)

このように、1000枚まいても1万円以内で収まるので、コストはそんなにかからない集客方法と言えます。

 

ただし、以下のようなデメリットもあるので、この集客方法を採用する際は注意が必要です。

  • ダーゲットの属性を絞れない(年齢、性別など)
  • 商圏エリア内の人しか集められない
  • 読んでもらえないことの方が多い

 

特にチラシは読んでもらえずそのまま捨てられることの方が多いです。

なので、書き方を工夫して、しっかり読んでもらえるチラシを作ることを考えたいです。

「読まれるチラシの書き方」については「問合せ殺到!チラシの作り方の8ポイント!」で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

 

上記3つのデメリットを考慮した上でコストを抑えたセミナー集客をしたいなら、チラシ(新聞折込)も検討してみてください。

 

セミナーの集客方法4.チラシ(FAX)

セミナーの集客方法の4つ目は「チラシ(FAX)」です。

セミナーを告知するチラシを作り、電話番号を知っている顧客へFAXを流せばセミナーを周知することができます。

 

この方法は、チラシ作成にかかる費用(1枚あたり1〜20円)はかかりますが、あとはFAXを流すだけなので非常に安く集客できます。

 

ですが、以下のようなデメリットもあるので注意です。

  • 新規顧客は集められない
  • FAX(電子FAXを含む)を利用している人が少ない
  • FAXを流す手間がかかる

 

しかし、メールと違ってイラストや文字のフォントなどを工夫できるので、メールでセミナーを周知するよりも目を止めてくれる可能性は高まるでしょう。

 

セミナーの集客方法5.集客代行を使う

セミナー集客の方法(代行)

セミナーの集客方法の5つ目は「集客代行を使う」です。

集客代行とは、一定のお金を払うことで、あなたの代わりに業者がセミナー集客を行なってくれるサービスのことです。

 

あなたが集客に関して詳しくなくても、お金さえ払えば実績とノウハウを駆使してあなたのセミナーに人を集めてくれるので、手間と時間を節約できます。

 

しかし、やることはこの記事で解説する16の方法と大差ないので、お金は多めに払ってもいいから完全に集客の手間を省きたい場合のみ利用した方がいいです。

自分(会社)で行なった方がコストは少なく済むことが多いです。

 

また、集客代行業者はピンキリで、実績もノウハウもない代行業者もいるので注意しましょう。

 

セミナーの集客方法6.自社のホームページ

セミナーの集客方法の6つ目は「自社のホームページ」です。

自社のホームページにセミナーの告知を載せておけば、閲覧者に周知することができます。

 

ですが、この方法だとすでにあなたの会社(サービス、商品)のファンでホームページを都度チェックしている顧客しか集客できないので、新規顧客を獲得したい場合はあまり効果がありません。

(ただし、あなたのサービスがすでに知名度の高いものならこの限りではありません)

 

ホームページを使った集客方法は、既存顧客に向けたセミナーを告知したい時に利用しましょう。

 

セミナーの集客方法7.ブログ

セミナーの集客方法の7つ目は「ブログです。

今、あなた(会社)専用のブログを解説していて一定数の読者がいるなら、ブログで必ずセミナー告知をしましょう。

 

ブログはあなた(会社)のファンとなった人が読んでいるツールです。

ですから、ブログで商品をセールスしたりセミナーを告知したりすれば、高い確率で行動してくれます。

 

この集客方法も既存顧客への告知には向いていますが、あなたの商品(サービス)を全く知らない新規顧客へのアプローチは難しいです。

ですが、サービスは知っているけどブログを読んでくれている見込み顧客も一定数いるので、ブログでセミナーを告知しておいて損はありません。

 

セミナーの集客方法8.Google広告

セミナーの集客方法の8つ目は「Google広告です。

Google広告はリスティング広告とも言い、広告費を支払えば、特定のキーワードを検索したユーザーに対して一番上にあなたの広告を掲載できます。

 

近年の検索サイトのシェアは「Google」だけで67%を占めていますから、広告を上位に表示させることの宣伝効果は大きいです。

しかも、この集客方法ならあなたのサービス(商品)を知らない人にもアプローチできるので、新規顧客を獲得したい場合には必ず検討しておきたいです。

 

例えば、Googleやyahoo!で「ビジネスコーチング  東京」と検索すると、以下の赤枠のように「広告」と書かれた紹介文が掲載されています。↓

【Google】

Google広告

 

このように、一番上に掲載されるほどクリック率が高く、閲覧数も多くなるので高い集客効果を期待できるのです。

 

資金があり新規顧客獲得に力を入れたいなら、Google広告を検討してみてください。

 

セミナーの集客方法9.Yahoo!広告

セミナーの集客方法の9つ目は「yahoo!広告です。

 

yahoo!広告もGoogle広告と同じ「リスティング広告」です。

広告費を支払えば、検索結果の一番上に広告を掲載できます。

 

検索サイトのシェアについては「yahoo!」だけで27%を占めており、Googleに次ぐ影響力を持っています。

集客効果も同様、「新規顧客獲得」向きです。

 

yahoo!で「ビジネスコーチング  東京」と検索すると、以下の赤枠のように「広告」が掲載されます。↓

【yahoo!】

yahoo!広告

こちらも一番上の目立つ位置に広告が掲載されれば、大きな反響を取ることができます。

 

しかし、Google広告よりもyahoo!広告の方が広告の審査が厳しいので、リスティング広告を始めたいならGoogle広告からの検討をおすすめします。

 

セミナーの集客方法10.SEO

セミナーの集客方法の10個目は「SEOです。

 

SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」を意味します。

具体的には、自分が作ったサイト(記事)が「Google」や「yahoo!」による検索エンジンで上位に表示されるように対策を施すことです。

 

すでに紹介した「Google広告」や「yahoo!広告」では広告費を支払って上位に表示させますが、SEOではお金を払わず、SEOスキルを使って上位に表示させます。

難易度は高いですが、成功すれば「無料」で人を集めることができるのでコストパフォーマンスは非常に高いです。

 

実は、当サイトもSEO対策をしています。

以下のように、「目標達成能力」というキーワードで「1位」を取っているので、お金を払うことなく当社のサービスを周知できています。↓

目標達成能力の検索結果

SEOスキルを身につけ、上位に上がった記事でセミナーを周知すれば、「タダ」で集客が可能になります。

資金的に余裕はないけど、時間と労力をかけられるなら、SEO集客が向いているでしょう。

 

セミナーの集客方法11.Facebook(フェイスブック)

Facebookのビジネスページ

セミナーの集客方法の11個目は「Facebook(フェイスブック)です。

 

あなたがすでにFacebookページを作っていて既存顧客に「友達登録」してもらっていれば、セミナーの告知を投稿するだけで、集客することができます。

とはいえ、このやり方だと既存顧客にしか周知できません。(「友達」であるお客さんが投稿をシェアしてくれれば新規顧客へもアプローチもできますが)

 

もし、新規顧客にもアプローチしたいなら、「Facebook広告」を利用してみてください。

Facebook広告では、広告費さえ払えばあなたのサービスを知らないFacebookユーザー(新規顧客)にもセミナー告知の広告を出せます。

 

しかも、Facebook広告では条件を設定して「広告対象者」を絞れるのが強みです。

  • 居住地
  • 年齢
  • 性別
  • 興味……etc

よって、あなたが集めたい属性のお客さんを効率よく集められます。

無料で使えるFacebookをビジネス利用する5つのポイント」の記事でもFacebookの利用方法を解説しているので参考にしてみてください。

 

セミナーの集客方法12.LINE(ライン)

セミナーの集客方法の12個目は「LINE(ライン)です。

 

LINEのアカウントを作成してお客さんに登録してもらい、今後セミナー告知を含む情報発信(キャンペーンや限定サービスの告知など)を行えば、リピート集客が可能となります。

ですので、この集客方法も「新規顧客」というよりは「既存顧客」にセミナーを周知する場合に向いています。

 

具体的なやり方としては、LINEの個人アカウントではなく「LINE@」というビジネス用のアカウントを使います。

LINE@はビジネス目的で複数のユーザーに情報発信やコミュニケーションを行うためのSNSで、言わば「メールマガジンのLINE版」です。

 

今やLINEは日本中の人が使っている最もメジャーなSNSですから、LINE@でファンとつながっておけば、いつでもセミナー集客が可能になります。

 

セミナーの集客方法13.Twitter(ツイッター)

ツイッターアカウント作成ページ

セミナーの集客方法の13個目は「Twitter(ツイッター)です。

 

TwitterもfacebookやLINE@と同じく、アカウントを作成してあなたがセミナー告知の投稿を一度すれば、フォローしてもらっているお客さん全員に周知できます。

この集客方法も既存顧客への周知のみとなります。

 

しかし、フォロワー(既存顧客)にセミナー告知の投稿をリツートしてもらえば、フォロワーのフォロワー(あなたのサービスを知らない人)にも情報が「拡散」します。

よって、うまくいけば「無料」でセミナー集客ができ、見込み顧客を増やすこともできるのです。

 

たくさんのお客さんにフォロワー登録してもらい、拡散されるようなセミナー情報を発信できるかが鍵です。

 

セミナーの集客方法14.メールマガジン

セミナーの集客方法の14個目は「メールマガジン(メルマガ)です。

 

こちらもLINE@と同じで、既存顧客向けのセミナー集客方法です。

お客さんにあなたが発行しているメールマガジンの読者になってもらい、メルマガの中でセミナー告知を行えば集客できます。

 

「読者=あなた(会社)のファン」なので、集客効果も比較的高いです。

また、費用もメルマガのサーバーとドメインを借りるだけなので「月1万」もしません。

 

とはいえ、「メルマガってどう書くの?」「大変そうだし難しそう」と思っている人も多いでしょう。

ネタを決めて長い文章を書くのって、思っている以上にエネルギーを使います。

 

メルマガことについて詳しく知りたい場合は「メルマガとは?書き方を徹底解説!※テンプレート付き!」で解説しているので、参考にしてみてください。

 

セミナーの集客方法15.DM(ダイレクトメール)

セミナーの集客方法(メール)

セミナーの集客方法の15個目は「DM(ダイレクトメール)です。

 

DMを使った集客は昔からある一般的な方法で、メールアドレスをすでに知っているお客さんに向けてセミナーの告知メールをすれば集客できます。

なので、この方法も「既存顧客向け」です。

 

しかし、実はDMで「新規顧客」を獲得することも可能です。

そのポイントとなるのは、主に以下の2つの工夫です。

  • 他社のリストを借りる
  • 無料オファーでメールアドレスを獲得する

要はいかに工夫して「メールアドレス」を獲得するかが、DMで新規顧客を集客できる鍵となります。

 

具体的な方法については「ダイレクトメール(DM)で新規客獲得をするための3つのアイデア」で詳しく解説しているので、チェックしてみてください。

 

セミナーの集客方法16.口コミ

セミナーの集客方法の16個目は「口コミです。

 

実は、口コミが最もお金をかけず、確実に集客できる方法と言えます。

人は信頼している人から紹介してもらったものに対しては抵抗が少なく、行動を起こしやすいからです。

 

実際に「バンドワゴン効果」と言って「大勢の人の行動=口コミ」に流されやすいという心理があると実証されています。

バンドワゴン効果(バンドワゴンこうか、英: bandwagon effect)とは多数がある選択肢を選択している現象が、その選択肢を選択する者を更に増大させる効果。

引用元:wikipedia「バンドワゴン効果

 

ですから、お客さんの家族や友人、知人にセミナーの存在を紹介してもらえば、高い確率で来てもらうことができます。

 

とは言え、口コミをしてもらうのは難しいと感じていますよね。

基本的に口コミを集める方法は、以下の7つが考えられます。

  1. お客さんに書いてもらう
  2. 過去のお客さんにメールで返信をもらう
  3. Google(グーグル)に書き込んでもらう
  4. 口コミサイトを活用する
  5. Facebook(フェイスブック)
  6. Twitter(ツイッター)
  7. 公式サイト

具体的な方法は「【口コミの集め方10選】利益になる収集法、会社を潰す収集法」で解説しているので参考にしてみてください。

 

口コミが勝手に広がるようになれば、広告費も情報発信の手間もかけずにセミナーの集客をすることが可能になります。

 

セミナー集客をスムーズに行うための3つのコツ

セミナー集客のコツ

セミナー集客をスムーズに行うには、以下の3つのコツを押さえておきましょう。

  1. 集客しやすい曜日
  2. タイトルや文言にはキャッチコピーを使う
  3. 集客開始から開催までの流れや期間

 

これまで紹介して集客方法に加えて上記のコツを知っておけば、集客効果がさらに期待できるようになります。

 

セミナー集客のコツ1.集客しやすい曜日は?

セミナー集客のコツの1つ目は「集客しやすい曜日」を知っておくことです。

 

一般的には「土曜日」に人が集まりやすいと言われています。

なぜなら、土曜は仕事が休みの上、セミナーで貴重な休日の時間を使ったとしても「日曜日」という余裕が残っているので、精神的なハードルが低いからです。

とはいえ、3連休や大型連休などは家族と旅行や外出する人が増えるので、なかなか集まりにくい傾向があります。

 

また、会社員なら平日の終業後も空いていることが多いので狙い目です。

基本的には仕事始めと仕事終わりの「月・金」を除いた「火・水・木」が良いでしょう。

 

セミナーの集客効果をあげるなら、人が集まりやすい曜日にセミナーを開催しましょう。

 

セミナー集客のコツ2.タイトルや文言はキャッチコピーを使う

セミナー集客のコツの2つ目は「タイトルや文言はキャッチコピーを使う」ことです。

 

セミナー告知の文面は、キャッチコピーやコピーライティングを使って、セミナーの魅力を確実に伝えられるように工夫したいです。

広告と言われるものは世の中に何万と流れているので、パッとみて魅力がないと思われたら読んですらもらえません。

逆に目を引くようにちょっと工夫すれば、反響率は大きく変わります。

 

例えば、セミナー集客ではありませんが、弊社代表北岡がコンサルしたある営業会社では、人材募集要項の職種を「営業」から「コンサルティング」と言い換えただけで申込数を「3倍」に増やしました。

 

このように、文字を変えるだけで人の意識に届く確率はガラッと変わってしまうのです。

ですから、セミナーの告知文を作るときは、読む人がどのようなメッセージなら響いてくれるのかをしっかり考えたいです。

 

セミナー集客のコツ3.集客開始から開催までの流れや期間は?

セミナー集客のコツの3つ目は「集客開始から開催までの流れや期間」知っておくことです。

 

セミナー集客の開始はセミナー開催日の「8週間前」くらいが目安です。

その理由は、以下の2つのように期間を区切りたいからです。

  • 最初の6週間:「集客」期間
  • 残りの2週間:「練習」期間

 

セミナーの集客期間は「6週間」くらい取りたいです。

大抵の人は1ヶ月以上先なら予定が空いていることが多いからです。

これ以上短すぎるとすでに予定が埋まっていることが多いですし、これ以上長いと逆に参加意欲が薄れてキャンセルが多くなるので注意です。

 

また、「2週間」の練習期間を設けて、セミナーの準備もしっかりと行いたいです。

これは特にセミナーが初めてであればあるほど言えることで、練習しないと良いコンテンツも作れず、顧客満足度を下げてしまいます。

 

セミナーの開催6週間前には集客を開始して満席にし、集客しなくていいという状態で余裕を持ってセミナーの準備を行いたいです。

 

【まとめ】セミナー集客はネットを駆使して効率的に!

セミナーの集客方法として、以下の16のノウハウをご紹介してきました。

  1. 「無料」の情報サイトを活用する
  2. 「有料」の情報サイトを活用する
  3. チラシ(新聞折込)
  4. チラシ(FAX)
  5. 集客代行を使う
  6. 自社のホームページ
  7. ブログ
  8. Google広告
  9. Yahoo!広告
  10. SEO
  11. Facebook
  12. LINE
  13. Twitter
  14. メールマガジン
  15. DM(ダイレクトメール)
  16. 口コミ

上記の大部分をしめるのは「ネット」を使った方法です。

ネットやSNSを使ったの集客はどのライバルも取り入れているので、採用しなければあなたは負け戦をすることになります。

 

また、セミナー集客の3つのコツについても、集客効果を上げるためにも必ずおさえておいてください。

  1. 集客しやすい曜日
  2. タイトルや文言にはキャッチコピーを使う
  3. 集客開始から開催までの流れや期間

特にセミナー告知を行う際のチラシや広告の文章は、読まずに流されることがほとんどですから、キャッチコピーやコピーライティングを使って工夫したいです。

 

このように、セミナー集客の方法は様々で、工夫するべきことはたくさんあります。

もしかしたら、「何からやればいいかわからない」「自分の商品(サービス)にあった方法で無駄なく集客したい」と思っているのではないでしょうか?

 

もし、「次回のセミナーは必ず成功させたい!」と思っているなら、弊社代表北岡のコンサルを検討してみてください。

コンサルを活用すれば、あなたの商品(サービス)に合わせて、より具体的な集客方法を提案できます。

 

しかも、北岡は今までに1000社以上の中小企業のコンサルをしており、成功率は「93.8%」を誇っています。

実際にコンサルを受けた企業の中には売上を「20倍」にした事例もあります。

 

そういった成功事例も踏まえてアドバイスできるので、実利につながる確率は高いです。

 

とはいえ、新規コンサルはメルマガを通してある程度学習してもらった方しか受け付けていません。

ですので、コンサルを検討したい方はまずはメルマガ登録からお願いいたします。

 

メルマガは「無料」で登録でき、今なら北岡のコンサルで成功した方々のインタビュー動画をお渡ししています。

この無料動画だけでも気づきがありますし、北岡のコンサルを検討するいい材料になるはずですから、登録だけでもしておいて損はないです。

 

 

この記事が「セミナー集客」に関する悩みを解決する一助となれば幸いです。

【無料】価格アップに成功した3人の事例インタビュー

お客さんからの抵抗なく価格アップに成功した
3人の事例インタビュー
知りたい人は他にいませんか?


無料で価格アップの事例を手に入れるにはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*