セールスプロモーションに組み込んでおくといい、Q&A

川崎 功瑛 川崎 功瑛

Kawasaki

セールスレターの中でも、
特に読まれるのは以下の3つです。


・ヘッドライン
・価格
・追伸

流れとしては、
まずヘッドラインをパッと見る。

興味があれば、バーッとスクロールして
価格をチェックする。

そして、下までスクロールして終わりを
確認してから、値段とオファーに整合性があれば
レターを読み始める、という感じです。

追伸部分にQ&Aを入れると、、、

そこで、追伸部分に入れておくと効果的
なのが「Q&A」です。

なぜなら、
「セールスレター=紙面上の営業」ですから、
当然あれやこれや商品に対して疑問が湧くわけです。

ただ、その疑問すべてに対してセールスレターだけで
カバーできるかというと、流石にそれは難しいでしょう。

そこで、力を発揮するのがQ&Aです。

Q&Aの部分で、日頃寄せられる質問や
もらいそうな質問を予め答えておくことで、
極端な話、「お客さんの反論」を超えられるので
購入へのハードルがガクンと下がります。

また、セールスレター全体で言っていること
をまとめる役割もQ&Aは果たしてくれます。

Q&Aを入れると疑われる?

しかし一方で、お客さんからすると
こんな疑念も思い浮かびます。

それは、「都合の良いセールストークなんじゃ?」
ということ。

つまり、お客さんの視点から見てみると、
「買わせるために、良いこと書いてんじゃないの?」
と疑いの目でQ&Aを読む、ということです。

セールスプロモーションにQ&Aを組み込もう!

では、どうすればいいか?

ズバリ、「セールスプロモーションの中に
コンテンツとしてそれを組み込んでおく」

です。

しかも、それが暗示する形にしてあると
なおさら良いでしょう。

たとえば、Q&Aでよくあるのは、
「初心者の私でもできますか?」
というもの。

なるほど何かを学ぶ教材や新しい取り組みで
あれば、そう思うのは自然でしょう。

その反論をつぶす目的で、セールスレターの最後に、
「はい、できます!」と書いていても
本当かよ?と思ってしまいますよね。

セールスプロモーションでコンテンツに困らない方法!

なので、セールスプロモーションの中で、
それに該当するようなコンテンツを作ります。

具体的には、
セールスプロモーション中に送るメールの中で、
「初心者が結果を出した話」を具体的なストーリー
を交えてコンテンツ提供しておく。

すると、見込客の頭の中は、
「あ、初心者でもできるんだ!」
と無意識ながらに感じます。

同じように価格に対する正当性なんかも
セールスプロモーションに組み込んでおけば、
「うーん、そうか」と納得してもらえます。

ということで、あなたが商品を販売していて、
よくもらう疑問・反論は何でしょうか?

それをセールスプロモーションに
組み込んで事前に潰しておきましょう。

ポイントは、

・事例
・お客様の声
・ストーリー

のいずれかを使って、コンテンツ形式に
する、ということです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【無料】価格アップに成功した3人の事例インタビュー

お客さんからの抵抗なく価格アップに成功した
3人の事例インタビュー
知りたい人は他にいませんか?


無料で価格アップの事例を手に入れるにはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*