ランディングページのメッセージのもうひとつの注意点

北岡 秀紀 北岡 秀紀

LPO(ランディングページ最適化)というと、
どうしてもランディングページの改善に目が行きがちですが、
もう一点重要な要素があります。

それはアクセスの質です。

どれだけ素晴らしいランディングページを作ったとしても、
そこにやってくるアクセスが見当違いなら全く売れない。

アクセスを呼ぶための広告では、「激安」とうたっているのに、
ランディングページでは「いかに真面目に商品を作っているか」について
語っていたりする。

笑い話のようだが、実際の話です。

さすがに、ここまでちぐはぐなのは多くはありませんが、
広告とランディングページのメッセージが微妙にズレていることは多いです。

特にオーバーチュアやグーグルアドワーズなどのリスティング広告をする場合、
ひとつのランディングページでいろいろなキーワードに対応しようとします。

そうするとどうしても、広告文とランディングページのメッセージにズレが出ます。

このズレを修正するだけで、
反応率が70%以上アップするなんてこともあります。

お客さんは意識的にせよ、無意識的にせよ、
そんな微妙なズレを感じ取っているということです。

ぜひこの点を確認してみてください。

【無料】価格アップに成功した3人の事例インタビュー

お客さんからの抵抗なく価格アップに成功した
3人の事例インタビュー
知りたい人は他にいませんか?


無料で価格アップの事例を手に入れるにはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*