イベント用ランディングページの取り扱い

北岡 秀紀 北岡 秀紀

母の日、父の日、正月、お盆などなど
イベントの特設のランディングページを作っている方も多いと思います。

母の日に限らず、様々なイベントキャンペーンは、
上手に使えば一気に売上をあげるチャンスです。

キャンペーンのやり過ぎなど、
やり方を間違えれば逆効果になる場合もありますが・・・
(イベントキャンペーンの効果的なやり方については、
 また詳しくお話したいと思います。)

ここでお話ししたいのが、そのキャンペーンページの後始末について。
キャンペーンが終わった途端、
ページを削除!
なんてしていませんか?
もしくはそのまま放置・・・
それは論外ですね。

このようなイベントサイトは必ず残しておくことが肝要です。
そして、
・イベントが終了したこと
・来年実施予定であれば予定時期
を記載し、メールアドレスを登録するフォームを設置しましょう。

ポツポツとアドレスが登録されます。
そして、同じようなキャンペーンを実施する際、その案内メールを送ります。

もともとキャンペーンという属性が合っていることもあり、

意外と成約率が高かったりします。
せっかくやってきたお客様を取りこぼさない。

それがLPO(ランディングページ最適化)の本来の姿です。
自社サイトへのリンクを張っておけばSEO対策にもなります。
イベントページはイベントが終われば終了ではありません。

これからもキャッシュを生む可能性があるのです。
ぜひ大切にしてあげてください。

【無料】価格アップに成功した3人の事例インタビュー

お客さんからの抵抗なく価格アップに成功した
3人の事例インタビュー
知りたい人は他にいませんか?


無料で価格アップの事例を手に入れるにはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*