フォローが出来ないなら、成約率をアップしてはいけない

北岡 秀紀 北岡 秀紀

LPO(ランディングページ最適化)で成約率をアップしても
全く意味がない時があります。

それはフォローをしない場合です。

つまり、せっかくLPO(ランディングページ最適化)で
成約率をアップし、どんどん資料請求をしてもらったとしても、
その後のフォローがおろそかであれば売上があがりません。

その結果、成約率をアップしたとしても、
広告費だけがかさみ赤字が大きくなるばかり・・・
なんていうことが起こります。

「資料を見てくれたら連絡してくれる」
「サンプルを送ったら試して商品がよかったら申し込んでくれる」
なんて思うのは幻想です。

お客さんはあなたの商品だけを見ているのではありません。

日常の仕事や心配事やたくさんの情報に囲まれています。
資料請求、サンプル請求をしたことすら忘れてしまいます。

ですから、資料請求、サンプル請求などをしてもらったら、
電話、ファックス、メール、DM・・・何度もフォローをする。
自分の商品のことを思い出してもらうのです。

商品を売る側は自分のタイミングでモノを売ろうとします。
しかし、お客様はお客様のタイミングでモノを買います。

前回のフォローで買ってくれなかったのは、
申し込もうと思ったところに奥さんから話しかけられ、
申し込むのを忘れていたのかもしれません。

実際、反応のあったダイレクトメールを
同じリストに送るとほぼ初回と同じくらいの反応があります。

経験上、同じリストには3~5回は、
同じダイレクトメールを送っても反応は変わりません。

商品価格によっては、半年以上必要な場合もありますが、
概ね最低60日はフォローするようにしましょう。

【無料】価格アップに成功した3人の事例インタビュー

お客さんからの抵抗なく価格アップに成功した
3人の事例インタビュー
知りたい人は他にいませんか?


無料で価格アップの事例を手に入れるにはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*