成功事例インタビュー
成功事例インタビュー
手をかけず毎月100万円以上の
売上が上がるサービスを作れました。

余裕の時間がうまれ、
食事に手をかけられて、生活が豊かに。
手をかけず毎月100万円以上の
売上が上がるサービスを作れました。
余裕の時間がうまれ、
食事に手をかけられて生活が豊かに
英会話ビジネス 小池さま
英語発音特訓塾塾長。有限会社エスパリエ取締役。
短期大学時代に法廷通訳者だった教授に憧れ、OLとしてメーカー勤務のかたわら通訳者養成学校に通い、英検1級、通検2級を取得。

24歳にて通訳者となり、イベント通訳者・建設会社現場通訳者として勤務。また29歳より、東京大学、国立情報学研究所研究員、特許庁調査員(国際・新技術担当)として勤務。
現在は英語発音特訓塾を平成18年より主宰。
英会話ビジネス 小池さま
英語発音特訓塾塾長。有限会社エスパリエ取締役。
短期大学時代に法廷通訳者だった教授に憧れ、OLとしてメーカー勤務のかたわら通訳者養成学校に通い、英検1級、通検2級を取得。

24歳にて通訳者となり、イベント通訳者・建設会社現場通訳者として勤務。また29歳より、東京大学、国立情報学研究所研究員、特許庁調査員(国際・新技術担当)として勤務。
現在は英語発音特訓塾を平成18年より主宰。


自分の時間が全くないビジネスで

自分の時間が全くないビジネスで

ー どのようなビジネスをされていますか?
小池:英会話のオンラインのスクールを経営しています。三か月の集中コースを中心に、どんな人でも英会話が話せるように教えています。私とネイティブスピーカーが一緒に協力して、三か月で話せるように生徒さんを仕上げていくという学校です。

ー 北岡を知ったきかっけは?
小池:検索で、おそらく「経営者 売上」とういうようなキーワードを使って探していました。それから、北岡先生のウェブサイトを見つけて、メールマガジンを読み始めたのがきっかけです。6年ほど前のことだったと思います。

ー 当時の悩みは?
小池:一番の悩みは、自分自身の時間が全くとれないということでした。売り上げはそこそこ満足していましたが、自分ができないことでスタッフに迷惑をかけていることや、私にしかできない仕事がすごくたくさんあることに気付きました。例えば、このまま私が病気になったらどうなるのだろうという不安がありました。自分自身、もう少し自由な時間が欲しいというのが当時の悩みでした。

ー 悩んでいた当時、どのような講座に参加されていましたか?
小池:単発で、コンサルタントの先生のセミナーへ通っていました。1日セミナーや、経営計画や、目標を立てるといったミニセミナーに参加していました。

ビジネスの成果で得られた、時間の余裕

ビジネスの成果で得られた
時間の余裕

ー 北岡に出会ってからビジネスにどのような成果が現れましたか?
小池:一番良かったのは、当時の悩みだった自分の時間を作りたいという希望が達成されたことです。悩んでいた当時は、日によりますが1日約13〜14時間くらい平気で働いていました。楽しかったですが、このままずっとはやっていけないと思っていました。北岡さんに出会ってからは、労働時間が半分から三分の一ほどに減り、平日の5〜7時間くらい働けば十分になりました。長期の休みをとっても「この期間はいないからね。」とスタッフに任せられるくらいの余裕ができました。

ー どのようにして、ビジネスが回るように仕組みを変えましたか?
小池:以前は、生徒さんの悩みを私自身が全て聞くような形でした。仕組みを変えるために、今までのデータから「こういう悩みにはこういうパターン」というように、悩みをいくつかのパターンに分けました。私と同じくらいの英語力のティーチャーであれば、生徒さんの悩みに答えられるように、リストアップすることができました。それと、ティーチャーがいなくても解決できる部分ということがいくつかありました。ご自身でエクササイズをして頂いたり、私よりも英語力が低いレベルだけれど、生徒さんよりも高いレベルの方へ任せられることがいくつかあったりしたので、それを整理しました。

ー 空いた時間にどんなことをしていますか?
小池:男性経営者とは違うかもしれませんが、私は、もともと料理が好きでした。仕事に集中しはじめてからは仕事が楽しくて、食事の方がおろそかになっていたようなところもありました。時間に余裕ができて、夕飯に一品二品、手の込んだものが作れるようになったことで、すごく生活が豊かになったと思います。

ー 働き方は、どう変わりましたか?
小池:優先するべきことが変わったので、毎日、私が行うべきことが決まってきました。きちんとやっていれば、スタッフに迷惑をかけることもありませんし、全てが回っていったことが、とてもしっくりきました。

本当に困ったら、北岡先生に助けてもらえる

本当に困ったら
北岡先生に助けてもらえる

ー 北岡の第一印象は?
小池:関西弁で言えば、「シュッとしてるな。」という感じです。すごくスタイリッシュですよね。すごくしっかり目を見つめて話してくださるので、信頼感があると思いました。

ー 他のコンサルタントとの違いは?
小池:北岡先生は、偉そうな感じがしない。それでいて、ビシッと切り込むところを切りこんでくださいます。全く気がつかなかった視点というか、裏から入ってこられることがあるので、逆に素直に聞けるというところが素晴らしいと思います。

ー 小池さんにとって北岡はどんな存在ですか?
小池:本当に困ったときに助けてもらえるという存在です。

ー 北岡は、どんな方におススメですか?
小池:今、経営されていて行き詰っているという人よりも、ある程度がうまくいっているけれど、もっと自由になりたいとか、もっと新しい世界を見てみたいとか、そういう方にピッタリだと思います。

自由な時間が欲しい女性経営者は、北岡先生がおススメ

自由な時間が欲しい女性経営者は
北岡先生がおススメ

ー 女性経営者から見てグッドポイントは?
小池:北岡先生は、外見に気を遣っていらっしゃって、ご自身が好きで良い服を着られたり、自分の似合うものを追及されたりするので、それに憧れる男性が沢山いらっしゃいます。皆さんそれぞれ輝いていかれます。もちろん、外見だけでなく内面もです。そういう方たちと一緒にいると、私もちょっときれいにしようかなという感じになっていきますし、他のコンサルティングでは得られない効果なのではと思います。

ー 女性経営者が北岡に会いに来るきっかけは?
小池:北岡さんのコンサルティングを受けて輝いている女性の方を、メルマガかビデオでご紹介されていました。それを見て、「北岡先生のところは、女性も行って良いのね。」と思った記憶があります。

ー どのような女性経営者に北岡をおススメしたいですか?
小池:私自身が、もう少し自由な時間が欲しいと思っていました。北岡先生のところへ行けばそれが実現すると思っていましたし、実際、実現しました。女性は、色々なことに興味があると思います。お仕事の面でもそれ以外でも、興味を広げたくて自分の時間も欲しい。なおかつ、売り上げや利益は減らさずにいきたいという、欲張って思っていらっしゃる方にはピッタリです。

長くお付き合いするための、深いサービス創造へ

長くお付き合いするための
深いサービス創造へ

ー 小池さんの次のステップは?
小池:今、ある程度、時間が自由になって売り上げも安定していますので、ここからはもう一度、売上げのブーストをしていきたいと思います。大きく色々な人に広げていくというよりは、しっかりニーズのある人たちを見極めて、私やサービスを必要としてくださる方と、長くお付き合いができるような深いサービスを創っていきたいと思っています。

手のかからない毎月100万円を生み出した
“プロフィットX”と“半年グループコンサル”

手のかからない毎月100万円を生み出した
“プロフィットX”と“半年グループコンサル”

ー 半年グルコンに参加しようと思ったきっかけは?
小池:元々、「プロフィットX」という、もう少し人数の多いコースを受けました。その時に、北岡先生のいうことを聞いて素直にやっていらっしゃる方は、ものすごく成果が上がっていました。その方たちは、すごく経験が豊富という訳ではなくて、むしろ私より一回り以上若くてスタートアップに近い方もいらっしゃいました。素直に聞いていくということが私にも必要だと強く感じました。その方たちが半年のグルコンに参加されると聞いたので、一緒にやっていきたいと思ったのが、大きなきっかけです。

ー 半年グルコンのビジネスの成果は?
小池:「プロフィットX」の時に、兆しが見えはじめました。サービスがスタートできて、その半年のグルコンでフォローをして頂いたおかげで、きちんと形にすることができました。今もそのサービスについて、私は全く関与していません。手をかけず毎月100〜150万円程度の売上が上がるサービスをつくることができましたし、利益が3割程度あるものなので、すごく楽になりました。

ー 半年グルコンはどういう方へおススメですか?
小池:長期的に自分が関わらなくてもいいプロジェクトやサービスを作り上げたい方や、独りだと自分の考えに偏ってしまって、うまくいっていないという方には、仲間の力と北岡先生のリードはすごく大きな力になると思います。

ー 最後にどうしてもこれだけは言いたい!!ことはありますか?
小池:北岡先生は引き出しが多くて、この人にはこれ、このサービスにはこれ、というように明確に頭の中に入っていらっしゃるので、アドバイスが受け取り易いです。あれもあるこれもあると色々出されても困るので、「こういう悩みがあります。」と相談した時に、明確に「だったら、これだね。」と一つポンっと出してくれるので、まずそれに取り組めば良いというところがお勧めです。



Copyright 2018 オクゴエ!お客様の声. All Rights Reserved.