お客さんが集まらない理由

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お客さんが集まらない・・・」
売上で悩む人の大半はこのように考えています。

しかし、このように考えているからこそ、

お客さんは集まらない、と断言できます。

今まで新規のお客さんを
うまく獲得した事例を思い出してみてください。
何も興味がない人に説得に説得を重ねて、
商品を買ってもらったという例は稀でしょう。

何らかの明確な悩みや興味があって、
そこに自社の商品・サービスががフィットして
購入してくれたという流れがあるはずです。

つまり、
―――――――――――――――――
新規のお客さんとは、
見込み客の中から
たまたま買ってくれた人に過ぎない

―――――――――――――――――
ということです。

ですから、
「お客さんをどう集めるのか?」
と考えるのではなく、
◆見込み客をどのように集めるか?
◆集めた見込み客をいかに新規客にするのか?
とステップに分けて考える必要があります。

当たり前のように聞こえますが、
新規客獲得と見込み客獲得が
ごちゃ混ぜになっている人がかなりいます。

つまり、
いくら新規客を増やそうと必死になっても、
見込み客がいなければビジネスは始まらない、
ということ。

見込み客の数はビジネスのパワーの源泉です。
あなたはどれくらいの見込み客を
抱えているでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*