経営者はセールスコピーライティングのスキルを身につけるべきか?

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いわゆる情報起業家の洗脳のせいか、
妙にセールスコピーライティングの地位が上がってきています。

確かに非常に素晴らしいスキルだし、
大きな対価を得るべきビジネスではあると思います。

でも、職業コピーライターでなく、自社の商品を売りたいと思うなら、
このUSPを作ったり、売れる商品コンセプトを構築できれば十分。

※USP(ユニークセリングプロポジション):圧倒的なウリ、競合ではなくウチで買う理由

USPや商品コンセプトを正しい方向で作ることができれば、
チラシや販売ページの成約率が著しく低いということはまずありません。
逆にUSPや商品コンセプトが間違っていれば、
セールスコピーをいくら尽くしても売れません。

経営者がやるべき仕事はただひとつ。
「売れる仕組みを作る」仕事だけ。
そこにコピーライティングは含まれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*