セールスコピーの説得力を増すためのデータの見つけ方

川崎 功瑛 川崎 功瑛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150930

Kawasaki

今日は少しマニアックな話かもしれません。

あなたはセールスコピーを書くとき、
統計やデータを盛り込んでいますか?

これらを盛り込むことによって、より説得力が増します。

たとえば、

・メルマガはまだまだ有効なセールスツールです

というよりも、

・企業やショッピングサイトから送られてくる
お知らせをネット上でどのように受信するか?

というデータで、LINEやFacebookは15%以下
なのに対して、メルマガは80%以上を占めています。

なので、メルマガはまだまだ有効なセールスツールです。

と言った方が、説得力がありますよね?

セールスコピーの説得力をパワーアップさせるツール!

ですが、こうしたデータや統計は自分が
頭に思い浮かべる理想のものがなかなか見つけにくい
という難点があります。

そんな時にはどうすればいいか?

ズバリ、「白書」を使えばいいんです!

白書というのは簡単に言うと、国が

「こんなことやったよ!こんなデータが
出たよ!それまとめてレポートにしておくわ!」

とまとめたものになります。

その白書を見れば、あなたのセールスコピー
の背中を強力に後押ししてくれるようなデータが
出てくるのは間違いありません。

どうやってお目当ての白書を見つけるか?

とはいえ、ひとくちに白書といっても
実にさまざまなものがあります。

その中から、ピンポイントで自分の業界に
あった白書を見つけるにはどうすればいいか?

それには、次のような資料が参考になります。


・「白書の白書」木本書店


・「白書統計索引」日外アソシエーツ


・電子政府の総合窓口(e-Gov)「白書、年次報告書等」

 http://www.e-gov.go.jp/link/white_papers.html


・首相官邸ホームページ「白書(年次報告書)」

 http://www.kantei.go.jp/jp/hakusyo/index.html


・国立国会図書館 リサーチ・ナビ

 http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/

こうした媒体を活用することで、さらに
速く・正確に白書にリーチすることができます。

オススメは図書館!

そして何と言ってもオススメなのは「図書館」です。

今では、検索すれば情報がスピーディーに
取れる時代になってきました。

一方で、ネットは検索能力が低かったり、あるいは
まったくキーワードが思い浮かばない場合は、欲しい
情報にまで辿り着くことができません。

しかし、図書館で本棚を見渡すことで、
「おや、この情報使えるかも?」という
発見もたくさんあります。

ぜひ、ネットだけに頼らず図書館にも足を運んで
あなたのセールスコピーを補強してくれるような
データや統計を探し出してみてください。

そうすることで、競合よりも遥かに上回った
レベルで説得力のあるセールスコピーが書けるハズです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>