開封率の上がるメルマガのタイトル5つのポイント!

川崎 功瑛 川崎 功瑛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140709

Kawasaki

メルマガを読まれるためにはどうすればいいか?
正確に言うと、「開封されるにはどうすればいいか?」

その対策として「タイトルの工夫」が挙げられます。

このタイトル付けが上手くなると、
メルマガの開封率も一気にアップできます。

そのためのフレームワークをいくつか今日は
紹介します。

スパムはなぜ儲かっているのか?

その前に、なぜスパムは儲かっているのか?
という話をします。

よくスパムのタイトルとしてあるのが、

・今晩、会えますか?
・(大手銀行名)からパスワード変更のお知らせ

といったものがありますよね。

まぁ、普通の人は引っかかりません。
ですが、儲かります。

それはなぜかというと、
世の中には、引っかかる層の人がいるからです。

自分の色眼鏡で物事を見ると、
「引っかかるわけねーだろ」と突っ込んで
しまうかもしれませんが、事実そういった人は
存在します。


そして、スパムで一番勉強になる部分は
「パーソナル感」を前面に押し出していることです。

だから、その層の人は、
本当に自分だけに送られてきたように
勘違いしてしまい、まんまと引っかかる、というワケです。

あなたの読者はそういった層ではありません。

でも、「個人に向けて書く」
ということは忘れず、ぜひ意識し続けてください。

ココが読まれる・読まれないの違いにもなってきますので。

それを前提に「タイトルの付け方」にうつります。

開封されるメルマガのタイトル1:数字を入れる

これは、もう王道ですね。

数字は信憑性をアップさせてくれます。
さらに、あいまいさが消え、イメージを
強く印象づけることができます。

たとえば、

・カレーを素早く作る方法

よりも

・カレーを8分以内に作る方法

の方が気になりますよね。

メルマガで書こうとしている内容に、
数字を紐付けることはできないか?
考えてみて下さい。

開封されるメルマガのタイトル2:疑問形


人の脳は、「質問されると答えを探す」性質があります。

たとえば、コーチング。

あれは、こちらがアドバイスするのではなく、
いかにクライアントに適切な質問を投げ掛けるか?
がポイントです。

なぜなら、それによって本人の奥底に眠る答えを
効果的に引き出せるかどうかが決まるからです。

これと似たような側面が、メルマガのタイトルにもあります。


つまり、「質問されると答えを知りたくなる」のです。

たとえば、

・なぜ、あなたの会社は儲からないのか?
・「腰痛が1日で治る」これ、信じられますか?

おそらく、「なんでだろう?」「どうやって?」
といった疑問が湧いてくると思います。

メルマガの記事テーマにあわせて、
読者が疑問に感じそうな部分を取り上げ、
タイトルにしましょう。

開封されるメルマガのタイトル3:オノマトペ

オノマトペとは何かというと、擬音語や擬態語
をまとめたもののことを言います。

ドカーン
デレデレ
ぱふぱふ
クスクス

といった言葉ですね。

これも、使いようによっては興味を引き出す
タイトルを作ることができます。

・ドカンと成約率が上がるコピーの書き方
・となりのおばさんにクスクス笑われました

などなど。

お笑い芸人の話芸を聞いていると、オノマトペ
を上手く使う人は、その瞬間に笑いをとれる
ことが多いような気がします。(研究はしていないですが)

つまり、それだけその部分で感情が動くということ。
これをメルマガに活かさない手はありませんね。

開封されるメルマガのタイトル4:感嘆語

感嘆語とは何かというと、

え?!
わっ!
なんと!

といったような言葉のことを言います。

これも、驚きのような感情が含まれていて、
その感情を相手に伝えるような作用をもたらします。

・えぇ~!まさかの人脈構築術
・なんと、今日はアノ日でした!

特に、普段がクールキャラの場合、ウケます。

ただ毎度毎度、え?!とかワッ!とか言っていると、
アホらしさが全開になりますので、あくまで
スパイスとしてお使い下さい。

開封されるメルマガのタイトル5:焦らせる

人は、自分が損したり、何かを失ったりと
ネガティブなことを恐れる生き物です。

あなたの読者が不安や恐れていることは
なんでしょうか?

それを件名にするというのも、開封率を
あげる1つの手です。

たとえば、2歳のお子さんをお持ちのお母さんには、

・子どもの将来は、3歳までの学習態度で80%決まる!

20代サラリーマンの方には、

・30代になると手遅れになる仕事の取組み方

こんなタイトルにすると、それを逃す
不安や恐怖からメルマガを開封してくれる
可能性は高くなります。

これも頻発すると、読者の居心地が悪くなってしまいます。
ですから、アクセント程度に使って下さいね。

こういったフレームワークを頭に入れておくと、
最初はこれらを見ながらタイトル付けしていく。

それを繰り返していくうちに、
無意識にタイトル付けできるようになる。

なので、最終的に本当ラクになります。

次回も、さらに5つほどこのフレームワークを
あなたにお届けしますね。

楽しみにしていてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>