あなたがメルマガをやるべき3つのメリット

川崎 功瑛 川崎 功瑛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140521

Kawasaki


初めに言葉があった。
言葉は神と共にあった。
言葉は神であった。
(ヨハネ福音書 1:1~1:5)

どうもはじめまして!

セールスコピーライターをしている
川崎達郎と申します。

今回から、この「オクゴエ!」の
コピーライティング部門の記事を書かせて
いただくことになりました。

よろしくお願いいたします!

さてさて、、、
そんな感じの挨拶をしたところで、

「オマエは誰だ!」

というツッコミも入りそうなので、
ここで少し私の経歴をお話させていただこう
と思います。

川崎達郎の経歴紹介

=======================
川崎達郎 株式会社GROW 代表取締役

1984年9月生まれ(こんな顔で乙女座)

大学卒業後、地元のスーパーに就職。

鮮魚担当で朝の6時から夜の10時まで働く
という日々に嫌気がさす。

父がガンを患い、その看病をするため退職。
看病やむなく、父他界。

その後、2010年頃に「コピーライター」
という職業に出会い、勉強を開始する。

2011年から本格的に活動を開始。

現在は、他業種に渡る起業家さんの

・セールスレター
・メールマガジン
・ブログ
・ランディングページ

を執筆し活躍している。

今まで書いた文章量は約「110万7295文字」
で文庫本にすると10冊分近くの分量を書いている。

『低俗な煽りを入れずに、たっぷり売る』

がセールスコピー上のモットー。

2014年10月に待望の第一子誕生予定

========================

と、こんな感じでございます。

あなたに質問をさせてください

さて、自己紹介が終わったところで、今度は
僕からあなたに質問をさせてください。

その質問とは、、、

「あなたはコピーライティングに、どんな印象を持っていますか?」

・・・

・・・

たぶん、あなたも日頃からオクゴエ!で
勉強されている熱心な方なので、

・セールスレターを書く人
・売上に直結するスキル
・書くのが大変、面倒臭い

なんていう印象をお持ちかもしれません。

ハイ、正解です!さすがですね^^

レターからメルマガまで多岐に渡る仕事

とはいえ、コピーライターってセールスレター
を書くだけが仕事じゃないんですね。


・リストを取るランディングページ
・ブログ
・メルマガ
・ビデオの台本
・パンフレットの文書
・プレゼン資料

こうした多岐に渡る分野を扱っていたりします。

なぜなら、「言葉を扱う仕事」が
コピーライティングだからです。

冒頭でも引用したように、
「初めに言葉があった。」
なんですね。

つまりどういうことかというと、
あなたが、何かを考えるとき、人に何かを
伝えるとき、必ず言葉を使いますよね?

ビジネスの場面で考えた場合、それは
人を動かすことであったり、商品を買って
もらうこと、口コミを広めてもらうことかもしれません。

そのときに必要になるのが
「コピーライティング」
なんですね。

メルマガをオススメする理由とは?

じゃあ、いろいろ選択肢があるなかから、
なぜ川崎はタイトルにあったように、
あなたにメルマガを書くことをオススメするのか?

その理由は、あなたがインターネットを使って
ビジネスをするときに、メルマガを使うことで
ダイレクトに成果につながる3つのメリットがあるからです。

あなたがメルマガをやるべき3つのメリット
その1. ハードルが低い

よく、コピーライティングといわれて
思い浮かべるのが、セールスレターですよね。

でも、ぶっちゃけセールスレターって
ハードルが高いです。

あなたもそれを感じた事はありませんか?

文章量も1~2万文字くらいは平気で書きますし、
お客さんの悩みや問題のリサーチ、商品の特徴を
ベネフィットに変えるリサーチ、と完成するまでに
数週間かかることも珍しくありません。

つまり、いきなりセールスレターを書くことは、
マラソンをしたことがない人が、いきなり42.195kmを
走るようなものなんです。

辛いですよね?


そこで、まずはメルマガなんです。
メルマガの文字数はだいたい800~1500文字くらい。
タイピングに慣れれば、30分で書き終えることも可能です。

マラソンで言えば、3kmとか5kmを走るくらい
の覚悟があれば、書けるようになります。

また、リサーチもやることは理想ですが、
最初はなくても大丈夫です。

どうですか?簡単そうでしょ?

実際に、僕も最初はメルマガから書き始めました。

毎日、毎日メルマガを書いていたら自然と
文章を書く事に抵抗がなくなっていったんです。

1日1000文字メルマガを書いていたら、
10日で10,000文字、
20日で20,000文字になりますよね。

だから、体が覚えるんですね。
「あぁ、2万文字くらいは書けるな」って。

だから、初めてセールスレターを書いたときも、
苦労はしなかったというのが、本当の所です。

あなたがメルマガをやるべき3つのメリット
その2. 集客がはるかにラクになる

メルマガは、見込み客にも自社をアプローチする
ためにとても有効なツールです。

が!

それだけではありません!


新規客になってくれたお客さんに、
よりあなたの会社を好きになってもらえる
ようにすることができる『便利なツール』なのです!

ちょっと思い出してみて下さい。

あなたも車を買ったことがあると思うんですが、
担当の営業マンから購入後も定期的に連絡は来ますか?

おそらく「NO」ではないでしょうか。

では次に、こんな想像をしてみてください。

車購入後も、担当営業マンの営業スタンス
だったり、プライベートの趣味だったり、
あなたのことを気にかける連絡があったら
どうでしょうか?

それはまるで、彼のことを、いきつけのバーの
マスターのように親しく感じられる存在です。

そこまでの信頼関係ができれば、
次に買う車も、その人から購入したいと思いませんか?
むしろ、その人以外からは買いたいくない!
と思うかもしれません。

メルマガには、お客さんをそのレベルまで
持っていく効果があります。

購入後に、商品の製作秘話やこだわり、
会社の理念などを語る機会が生まれて、
もっともっとあなたのことを好きになってくれます。

つまり、お客さんがあなたのファンになってくれるのです。

すると、そのお客さんはリピート購入をしてくれる
だけでなく、より高額な商品も買ってくれるようになります。

それが、ずーっと続けば・・・?

極論にはなりますが、スモールビジネスであれば、
集客をすることさえ不要にできます。

メルマガという、
こんなオイシイツールを使わない手はないと思いませんか?

今現在、ライバルがメルマガを
やっていないのであれば、チャンスです!
お客さんを根こそぎ囲い込むことが可能になります。

一方、もしもあなたのライバルがメルマガを
すでにやっているのであれば、ピンチです!
その流れに乗り遅れないよう、あなたも即刻始める必要があります。


いずれにせよ、メルマガを「やらない」という選択肢はありません。

あなたがメルマガをやるべき3つのメリット
その3. 違う形で再利用できる

あなたが一度メルマガを書いてしまえば
それは、別のコンテンツに流用ができます。

たとえば、その内容を今度はビデオで録ってみる。

すると、その内容をYouTubeにアップできます。

さらに、ビデオから音声だけを抜き出して
mp3のような音声コンテンツにもできます。

それだけではありません!

10回分のメルマガをまとめて、
レポートや小冊子、ニュースレターに
そのままコピペすることもできます。

「そんなの使い回しだ!ってお客さんに言われるじゃないか!」
と思うかもしれません。

ここら辺の心理は、今後深くお話していきますが、
ここでは結論だけお伝えしておきます。


結論 ⇒「繰り返し同じメッセージを発信することで、
あなたの価値観や伝えたいことが相手の芯まで染み渡ります」

なので安心してください。

最初に、いきなりビデオを撮ろうとすると、
そのための原稿を書かなきゃとか、噛んだらどうしよう
とか、いろんな不安で頭が重くなりますが、
メルマガであれば気軽に書き進めることができます。

もし、今メルマガが書けなくてもこのブログを読み
続けることで、自然と書けるようになりますのでご安心下さい。

で、そのメルマガを台本にしてビデオを撮った
ほうがはるかに効率的にコンテンツを大量生産
できるようになります。

ということで、全部で何回になるかはまだわかりませんが、
あなたにメルマガの可能性と楽しさと、ビジネスの
繁栄のお手伝いができるように、これから記事を更新
していくので楽しみにしていてくださいね!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

川崎達郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>