マウスイヤーと言われる通りネットマーケティングの世界は本当に早いのか??

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ネットの世界は流れが速い」
「ネットはついていくのが大変」
という風に考えがちです。

まァ、教える側もそのように
煽っている節はありますが。
しかし、果たしてそれは真実でしょうか?

確かに単発的に見れば、
ルールがクルクル変わっているように見えます。

しかし、
1年、2年の長期的視点で見た場合、
ユーザーが使いやすい方向に
進んでいることが分かります。

ユーザーが使いやすくなるために、
ルール変更をしながら、
「あ~でもない、こーでもない。」と
試行錯誤している。

そしていいルールは残り、
ダメなルールは消えていく・・・
というイメージです。

特にSEOやリスティング広告は、
ルール変更が激しい分野です。

でも、その本分は
「ユーザーが検索した時に、
 求めている答えを出す」
ということです。

そこに逆らわないように、
ページを作り、広告を作れば、
一時的にはダメでも年単位で見れば、
労が報われることとなります。

ルール変更を追いかけること自体を
否定するつもりはありません。
目の前の売上をあげることの
重要性もわかりますから。

でも、そんな細かなルール変更まで、
自分で追いかけながら、
長期的なビジネスの発展を考えることは、
かなり難しいというのが事実でしょう。

大きな戦略に沿いながら
王道の手法・テクニックを実践する。

そして、
細かな変更情報を追いかけたり、
一時的なトリックの情報収集は、
専門家に任せるというのが、
一番、効率的で効果的です。

ま、信頼できる専門家がどのくらいいるのか?
という問題はありますが・・・

9割は偽物。
1割が本物。
で本物の中で
相性が合う合わないもあります。

なので、専門家はぜひ慎重に選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*