仮説、検証、自分なりの新しいマーケティングノウハウの作り方!

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティングノウハウを絶えず勉強し続けるという姿勢は重要です。
しかし、集客で成功している人というのは例外なく、
自分なりの方法論・ノウハウを持っています。

逆に言うと、それを持てなければ、
一生ノウハウを追いかけることになります。
では、どのように自分なりの方法論・ノウハウを持つのか?
たくさんの方法がありますが、
一番はいろいろなマーケティングを見て、
疑問を持ったり、背景を考えることです。

・なぜこの広告はずっとこの雑誌に掲載せれているのか?
・同じ商品の広告なのに、なぜ微妙に違うのか?
・なぜこのチラシはお客様の声しかないのか?
・なんで明らかに損に見えるオファーをしているのか?
・なぜこんな競争の激しいキーワードでずっとPPC広告を出しているのか?
など。

例えば、セブンイレブンで半年に一回くらい
「700円以上お買い上げの方にくじびき」というキャンペーンをやっています。
ちょうど今やっていますが、毎回700円以上が条件です。

では、なぜ700円以上なんでしょうか?

おそらく平均客単価が500円とか600円くらいだから、
その客単価をアップするため、と類推できます。
その答えが正しいかどうかは問題ではありません。

実際、正解は、その会社しかわかりませんし、
その会社も何の考えもなくやっている可能性もあります。

ですから、そのように仮説を立ててみる。
自社に当てはめてみて、テストしてみる。

これを繰り返すことで、自分なりの新しいノウハウが生まれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*