LPO(ランディングページ最適化)にサイト制作スキルは必要か?

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「LPO(ランディングページ最適化)をしたいんですが、サイト制作は外注でいいですか?」
と聞かれます。

答えは、NOです。

もちろんイチからサイトを作れる必要はありません。

しかし、素早く仮説検証するためには、
簡単なページを変更くらいは自社でできるようにすべきです。

特に1人や少人数でビジネスをしている人にとっては、
時間という資源は得意分野に集中すべきだという考えがあるのは承知しています。

そして、それ自体は間違っていません。
しかし、会社の根幹はマーケティングです。
経理や総務やその他のことはなおざりになっても、
マーケティングがうまくいっていればビジネスはまわります。

しかし、逆にマーケティングがダメになれば、
その他がどんなに素晴らしくてもビジネスはダメになります。

特に、仮説検証のプロセスそのものや出てきた数字は
会社にとって重要なノウハウであり、かけがえのない資産です。

それを人に任せていいのかどうか?ということです。

少なくとも当初は自分自身でやり、
「何をするのか?」を理解することです。

そして、ある程度理解したら、外部に任せてもよいでしょう。
でも、自分のビジネスを一番知っているのは自分なのですから、
外部に丸投げではなく、自分が徹底的にプロセスと数字を管理すべきです。

その時に、自分で一度かんたんなサイト変更を経験しておくと、
適切な依頼を相手にすることが可能で、スムーズにビジネスが進みます。

制作のスキルはあっても無駄ではありません。
3日もあれば、マーケティングする人間が必要な程度の知識は得られます。

食わず嫌いにせず、体験していただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*