LPO(ランディングページ最適化)で成約率があがらないとき・・・

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ランディングページの改善を繰り返しているのに、
 全く成約率があがらないんですが…」
という相談を受けることがあります。

的外れな改善をしている人はともかく、
しっかりとした改善をしていてこのような結果になる場合、
「誰に言うか」が誤っていることが大半です。

砂漠で砂は売れません。

でも、砂漠でペットボトルの水を売るのは簡単ですね。
「水いりますか?」と言えば簡単に売れるでしょう。
(たまに「砂漠で砂を売って、エスキモーに氷を売るのが本当の実力だ」
 なんて言う人がいますが、そんなしんどい思いをする理由が全くわかりません。
 ビルの20階に昇るのにエレベーターは使うのに…)

つまり、LPO(ランディングページ最適化)とは、
単なるページの改善だけではなく、

それ以前に商品・サービスを欲しがる人が誰なのかを探すことも含むということ。

でも、意外とここに時間をかける人は少ない。
大抵は、「何を言うか」「どのように言うか」に手間取ります。

どれだけ素晴らしいことを言っても、
どれだけよどみなくスラスラ言っても、
言う相手が間違っていれば売れません。

「本当に自社の商品を欲しがっているのは誰か?」
これを徹底的に考え、リサーチする。

ここから成約率ひいては売上・利益のアップは始まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*