行列ができる理由、モテる理由

Mr.U Mr.U
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150

Mru1

なぜ行列ができる店には行列ができているのか?

様々な要因要素がある。
コンサルタントなどが、それらしい理由を後付けする。

・コンセプトがいい
・立地がいい
・美味しい
・時代にマッチしている
・メディアに取り上げられた
それらに間違いはない。

しかし、
すべての行列ができる店に共通し、
最終的に行き着く理由は
「行列ができているから」
としか言いようがない。

言い古された言葉だが、行列が行列を呼ぶ、のだ。

モテる理由はモテるから

モテる男性についても同じだ。
モテる男性がモテる理由は、モテるからだ。

行列のできる店と同じように
様々な要因要素はあるだろう。

・見た目が良い
・お金をもっている
・ポジティブ
・優しい
・雰囲気がいい

しかし、やはり最後は
「モテるからモテる」としか言いようがない。

だから、あなたがモテたければ
モテていることを女性に示す必要がある。

例えば、「彼女いるの?」と聞かれたとき。
彼女がいないことを強調する男性が多い。
(彼女がいたとしても)

彼女がいないと言った方がチャンスが広がる
と勘違いしているからだ。

しかし、実際は
明らかに「モテそう」と見えるタイプ以外は
それをやってはいけない。
行列が行列を呼ぶの逆で、
閑古鳥が閑古鳥を呼ぶことになる。

ただ、ひとり固定した人がいるという
イメージを抱かれるとやはり恋愛になりづらい。

では、どうすればいいのか?

「もちろんいますよー。15人?いや、20人??」
というような本気とも冗談とも取れるような受け答えをする。

女性は明らかに冗談と解釈する。
ただ、一方で女性の匂いを感じる。
結果、モテる雰囲気を出すことができる。

ポイントは暗に示す人気

ここから、
「で、○○(女性の名前)は彼氏、何人いるの?」
「16番目の彼女に立候補する?」
というようにつなげると、
女性を中心に恋愛トークが盛り上がることができる。

重要なことは「暗に」モテることを示す、ということだ。
「オレはモテるよ」と直接的に言うと
「嘘じゃないの?」と判断される。

暗に示すと、嘘、本当の判断が働かない。
結果として「雰囲気でモテそう」と感じさせることができる。

お客の声がビジネスにおいて強力なのは、まさにこれだ。
お客の声がたくさんあるだけで、
流行っているということを暗に示すことができる。

重要なのは、実際のお客の数ではないのだ。

ビジネスも恋愛も人気(ひとけ)こそが重要なのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>