「自分らしく」のワナ

Mr.U Mr.U
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mru1

自分を偽って付き合ってもしんどい。
だから、自分らしくいればいい。
そしてその方がモテる、と。

・・・そんな現状肯定で
読者の歓心を買おうとする恋愛本は多い。

確かに、
「自分らしくいればモテる」
これは事実だ。

しかし、それは100%相手に伝わった場合のみだ。

通常、どこかで相手に対して
よく見せようと小細工をしてみたり、
意識せず態度や立ち振る舞いが変わっていたりする。
結果、「100%の自分」を出せている人間はいない。

あなたが例外中の例外で
「100%の自分」で振る舞えたとして
相手が100%の姿をじっくり見てくれるか?
絶対にあり得ないだろう。

つまり、
100%の自分が伝わることはほぼあり得ない、
ということだ。

だから、
「ありのままの自分でいればモテる」
というのは幻想でしかない。

では、
「ウソをつけ」ということなのか?
と言えばそうではない。

100%のあなたが「伝わる」ように
演出することが必要である、
ということである。

それがここでお話ししている
モテる方法である。

商品・サービスさえ良ければ売れるという幻想

「商品・サービスさえ良ければ売れるから
 マーケティング、セールスなんていらない」
という職人型ビジネスに多い考えも同様である。

素晴らしい商品・サービスがあったとして、
お客にその良さは伝わっているか?

残念ながら伝わらない。

お客はあなたの商品・サービスのことばかりを
考えているヒマはない。
毎日忙しくして、大量に振ってくる情報の中から
ほんの数分程度であなたの商品・サービスを検討する。

なので、その中でも
その良さが100%伝わるようにすることが
マーケティングであり、セールスである。

ないものをあると言ったり、
包装紙だけを立派にしたり、
うまく言って買わせるのが
マーケティング、セールスではない。

それはただの詐欺、誇大広告である。

現状肯定されたい?ならば・・・

自分らしくいればいい
コツコツ真面目にやれば報われる

その響きは耳に心地よい。

しかし、
それは「伝わる」努力を放棄して
思考停止している自分を
肯定してくれているに過ぎない。

そんな向上心のない自分を肯定してもらって嬉しいなら、
モテるなんて考えるべきでないし、
社長をやめてサラリーマンにでもなればいい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>