LPO(ランディングページ最適化)とコピーライティングの違い

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LPO(ランディングページ最適化)の話をすると、
「コピーライティングとはどうちがうの?」
と良く聞かれます。

答えは簡単で単なる手段の違いです。

両方とも成約率をアップするのが目的です。

ただ、その方法が、
◆LPO(ランディングページ最適化)は、ページの見せ方を変える
◆コピーライティングは、商品の見せ方を変える
と少し違うのです。

ただし、本質は全く同じです。
結局、最も成約率を変えるのは、商品のコンセプトやオファーです。

このコンセプトやオファーを作る力さえあれば、
LPO(ランディングページ最適化)でもコピーライティングでも7割方は完成です。

残りの3割に関していえば、
LPO(ランディングページ最適化)は決まった手法を覚えればOKですが、
コピーは文章力を身につける必要があります。

その意味で、コピーの方が習得に時間がかかります。

ただし、コピーを書ければ、
ネットだけでなくリアルでのビジネスでも応用しやすいという利点があります。
ですから、どちらを先に勉強すればいいかは、
この3割部分とご自身の今のビジネスの状況を照らし合わせて考えるべきです。

◆ (いずれはリアルに展開するとしても)直近はネットでのビジネスをする・している
◆ 目先の売上をアップしたい
という人であればLPOから学ぶ。
◆ ビジネスがネットよりもリアルがメイン
◆ 一本立ちできるスキルを身につけたい
(LPOだけでご飯を食べられている人はごくわずかです)
という人であればコピーライティングから学ぶ。

以上の基準がわかりやすいと思います。

ぜひ参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*