トップ

ビジネスは難しい・・・

こんにちは、北岡です。

突然ですが、あなたは今、以下のどれかに直面していませんか?

・ 目の前の売上を上げるのに必死だ
・ 気がつけば1ヶ月があっという間に過ぎ去っている
・ 長期的に発展させていくための具体的な施策がない
・ 会社にイノベーションを起こすような、アイデアや資金が不足している

もし、これらのどれか1つでも当てはまるのであれば、おそらく「ビジネスは難しい・・・」と、現実の厳しさを痛いほど肌で感じているかもしれません。

こんな毎日ではありませんか?

であるならば、毎日毎日、「お金」「売上」に追われていて、言いしれぬ不安がいつも背後につきまとっているかもしれません。本当は、信頼できる優秀な部下に営業を任せて、自分はマネジメントや会社の発展に集中したいけれど、なかなかそのレベルにまで育たない。だから、結局は自分が忙しく飛び回って会社の稼ぎ頭になっている。従業員の給料を払わなくては…と毎月、休みもなく得意先を飛び回ったり、新規開拓をする。

目標の売上を達成し、「これで、給料は払えるぞ!」と一息ついたころにはもう月末。「もう今月も終わりか…」と言っている間に、次の月が始まり、また売上を作りにいく日々。毎月、毎月、これを繰り返しているので「あぁ、ビジネスはなかなかうまくいかないな」と感じているかもしれません。

なぜ、ウマくいかないのか?

こうした悩みを抱える社長さんは、あなただけではありません。では、なぜほとんどの会社はこうした悪循環に陥ってしまうのでしょうか。

もちろん、原因は複数あります。複数ありますが、今回、1つの指針としてあなたにお伝えしたいのは、「ビジネスを1ヶ月単位で考えているから」ということです。

説明させて下さい:

ビジネスの流れは、簡単に説明すると基本的に、

1ヶ月の売上―経費=利益

で成り立っています。それを12ヶ月繰り返すと、

1年分の売上―経費―税金=会社に残る利益

となるワケです。ですから、多くの経営者は1年の目標数値をまずは出して、それを1ヶ月に振り分けして細かい目標の数字を設定していきます。

長期的戦略VS短期的売上

ここで1つの問題が発生します。

それは何かというと、1ヶ月の売上を追い求めてしまうあまり、会社を長期的に発展させていくためのアクションが取れなくなる、ということです。

具体的には、冒頭でもお話したような、毎日売上を上げるために仕事をしているうちに、長期的な発展のためのアクションをとる暇もなく、気がつけば1ヶ月が瞬く間に過ぎてしまった。。。といった具合です。

あなたも、長期的に会社を発展させていくための施策もしなければ・・・。でも、その前にしっかりと現状の売上を確保しないと・・・。と長期的な戦略と短期的な売上の間でにっちもさっちもいかず「一体どうすればいいんだ・・・」と頭を抱えていませんか。

現状打開の一手があります

一見、同時並行は無理のように見える両施策ですが、結論から言うと、あなたの会社でもこれらを両立させることができます。短期的な売上を安定して確保しつつも、しっかりと長期的に発展していくアクションを考える時間を生み出すことができる方法があるのです。

その方法とは・・・「継続課金システム」をあなたの会社に取り入れることです。

継続課金システムをわかりやすく説明すると、イメージしやすいのは、フィットネスクラブです。

多くのお客さんが、ダイエットをしたい!筋肉をつけたい!健康促進のために!とそれぞれの思いを持って、入会します。ほとんどのフィットネスクラブは、入会の申込時にクレジットカードまたは、銀行口座を記入する欄がありますよね。それは、毎月の会費を自動的に引き落とすためにあるわけです。

そして翌月以降、そのカードないしは口座から毎月毎月、月会費が引き落とされていくという仕組みになっています。そして、課金はお客さんが「利用をやめます」という意思表示をするまで、ずっと続いていきます。

このような、1度決済の手続きをしてもらえれば、それ以降は営業を必要とせずに、毎月、毎月、お客さんがキャンセルと言うまで、一定額の売上が発生する仕組みのことを「継続課金システム」といいます。

あなたの会社で継続課金システムを
取り入れるべき5つの理由

あなたが営業をし続けなくても、毎月売上が見込めるワケですから、かなり魅力的なシステムであることはおわかり頂けると思います。

また、それ以外にも、
あなたの会社で継続課金を取り入れるべき理由は少なくとも5つあります。

その理由が以下の通りで、

理由1:短期的売上と長期的発展の取り組みの同時並行ができるから

仮に、あなたの会社の1ヶ月の売り上げ目標を1,000万円だとしましょう。本来であれば、月が新しくなるごとに売上0円から目標の1,000万円に向けて、行動をしていくハズです。

一方、継続課金を取り入れて、300万円の売上が毎月発生するとわかっていればどうでしょうか?月初から300万円の売上が確定しているワケですから、実質的には残り700万円を売り上げれば目標達成になります。

結果、300万円つまり、売上目標の30%もの労働時間を削減できると考えるとかなりの時間を浮かせることができます。

その浮いた時間を、新商品の開発だったり、マネジメントだったり、長期的発展のアクションに使えるようになるのです。

その他にもたくさんのメリットがあり、例えば、、、

理由2:会社の売上が安定するから

いきなり継続課金のお客さんが全員退会する、というのは考えられません(入会、脱会などで多少の変動はありますが)。

ですから、300万円なら毎月300万円、500万円なら、毎月500万円と、月初めの段階で決まった額の売上が安定して見込めます。

それに加え、最低限の売上を安定して確保しておくことは、実は、突発的な出来事の対処策にもなるのです。

一例を出すと、東日本大震災。あの影響で、多くの社長さんが「売上がガクンと下がった」と急な対応策を強いられました。一方、継続課金の仕組みがあった会社は、その影響を最低限に食い止め、売上もほとんど変わらずにやり過ごせたのです。

自然災害や金融ショックがビジネスに影響を与えるケースは少なくありませんから、継続課金を取り入れることは、収益を生み出す保険のような役割を果たすことにもなるのです。

理由3:社長さんの精神的安定になるから

安定して売上が上がるというのは、あなた自身の精神的安定にもつながってきます。

想像してみてください:

たとえば今までは、緊張の糸が、売上目標達成のためにその月の23日、24日、あるいは28日、29日までピンと張り続けていたかもしれません。

が、継続課金を取り入れることで、緊張の糸をゆるめるタイミングが1週間早まったとしたらどう感じますか?かなり、精神的にホッとすると思いませんか?そうなれば、残りの日々はリラックスして、楽しみながらビジネスに取り組むことが出来ると思います。

さらに良いことがあります。

余裕ができると、あなたの視野も広がります。今までは、売上を上げるために必死になっていたでしょう。それは例えるなら、目の前の獲物を追う肉食動物です。この状態では周りを見渡す余裕はありません。

一方、余裕があればこれまでは見落としていた、多くのチャンスや気づきにも意識が向くようになります。そして、今までは浮かんでこなかったアイデアがドンドンとたくさんあふれ出てくるようになるでしょう。

結果、会社も発展していきますし、あなた自身も頼れるリーダーとして従業員から尊敬されていくのです。

そして、、、

理由4:利益が増えるから

あなたの最終目標は、ココにあるハズです。売上1億円でも、経費が9999万円であれば利益は1万円しか残りません。ですが、ビジネスの目的は手元に残す利益を増やすことですよね?

継続課金を取り入れることによって、なぜ利益が増えるのかというと、ズバリ「コストを減らすことができるから」です。

わかりやすいのは、新規客獲得のコストです。マーケティングの大家、フィリップ・コトラーは、「新規客の獲得は、既存客の獲得の5倍コストがかかる」と述べています。

継続課金を取り入れることで売上が安定すれば、新規客獲得のためにかかりすぎていた、人的コストを削減できます。それによって、利益が増えるのです。

理由5:リピート率がアップするから

継続課金をすると、請求書を送る、納品するなど、お客さんと接触する機会を毎月持つことができます。実は、これがオイシイのです。

どういうことかと言うと、人と人は、何度も会ったり話したりすることで、相手に好感を持ち始めるようになります。心理学用語でこれを「ザイオンス効果」と呼びます。

具体的には、男女が10時間のデートを1日だけするよりも、1時間一緒に過ごす時間を10日作る方が、相手に好意を持ちやすいのです。

ビジネスでもこの効果は発揮します。つまり、毎月毎月、お客さんと接触することで、相手があなたに好感を持つようになるのです。これを利用すれば、納品のタイミングで別の商品のオファーをかけることもできて、別の商品を買ってもらうこともできる、というワケです。

ビジネスに欠かせない成長と安定

いかがでしょうか?

これらをまとめると、会社の成長と安定を両方一度に満たすことができる、ということにお気づきになったと思います。

成長をしていくためには、時間・お金などの投資が必要です。しかしながら、後ろ盾がないまま行動に移すことは、イチかバチかのギャンブルになってしまいがちです。

一方で、投資はせずに、利益を会社に残し続け安定を求めても、会社はいずれ衰退していきます。なぜなら、ライバルは進化しているため、製品・サービス面でもそのうち抜かれてしまうからです。

一見、この2つの共存は難しいように思えますが、継続課金の仕組みを入れることで解決できるのです。

安定した財務の基盤を確保できるわけですから、思い切った投資が仮に失敗した時でも、悪い方に一気に傾くということはなくなります。そして、再びチャレンジもできるため、結果、成長もしながら、安定して会社を発展していけるというワケです。

「ウチの業界じゃ無理だよ」と思っていませんか?

もしかすると、ここまで聞いて「継続課金の魅力はわかった。でも、ウチの業界じゃ継続課金を取り入れてる会社はないよ、ムリムリ」と諦めていませんか?

もし、そう思っているのであれば、これを機会に「ウチの業界では使えない」という思い込みを正して欲しいと思いますし、周りがやっていないからこそチャンスだと思ってもらいたいのです。

事実、飲食店や八百屋さんといった取り入れづらそうな業界でも、継続課金を取り入れることに成功し、安定した売上をキープしているクライアントもいます。そして、今回、あなたの業種にも「必ず適用できる」継続課金テンプレートをお渡ししようと思います。

『継続課金テンプレート12』

今回、世の中にある、あらゆる継続課金のモデルをすべて集め、それを体系化しました。数々のシステムを見てきましたが、それを大枠にまとめると、実は12個のパターンしかないことがわかったのです。そして、これらの最低どれか1つは、あなたのビジネスに取り入れることができるとお約束します。

今までは、「継続課金かぁ、どうやったらできるかなぁ」とボンヤリとしたイメージしかできなかった場合でもご安心下さい。そのボンヤリ感から1つ深く掘り下げてお届けするので、「このモデルならウチだとこういった課金ができる!」とあなたのアイデアを活性化するテンプレートになっています。

例をあげると、「本」と「ビジネス書」の抽象度の違いと捉えて下さい。

「オススメの本を教えて」と言われると、ボンヤリして「小説がいいのか、自己啓発書のオススメが知りたいのか?」と迷いますが、「オススメのビジネス書を教えて」と言われれば、「これがいいよ!」とすぐ思い浮かべることができますよね?

このテンプレートも、抽象的な所から、一歩踏み込んだフレームワークになっていますので、オリジナルの課金モデルを作りあげることができるようになります。

そうすれば、ライバルがやっていない価値の提供で売上が安定して入ってくるようになります。これまで苦労されてきたでしょうから、これからはその精神的・肉体的重圧から解放されて、「今までより遥かにラクに」売上が入ってくることはとても魅力的だとは思いませんか?

使える業種・条件・戦術を詳しく解説

今回、オンラインビデオセミナーという形で、あなたのもとにこのコンテンツをお届けします。

詳しい学び方、使い方ですが、それぞれのテンプレートを解説した各ビデオの中で「使える業種・条件・戦術」などを各自お伝えしていきます。ですから、一通り見て頂いたあとは、あなたの業種に最適な継続課金モデルをまずは1つ、とりあえず作りあげてみてください。

まずは1つで構いません。そこから継続課金で売上が発生する楽しさを知ってもらえれば、どんどん新しいサービスのアイデアが湧いてくるでしょうし、それにつれて売上も安定して上がってくるでしょう。

今回、手に入る内容は・・・

この「継続課金テンプレート12」の中身を詳しく紹介していくと、、、

  • 価格の違いによる継続課金の戦術の違いー 意外と知られていませんが、価格が高い継続課金と安い継続課金では取るべき戦術が異なります。無駄足を踏まずに、効率的に売上をアップさせ、あなたの時間も浮かしていきたければ、必ず理解するようにしてください。
  • お客さんが感じるリスクを払拭する継続課金法ー 一般的な継続課金には、「申し込んでいるのを忘れて支払い続けたらどうしよう」「キャンセル申し込んだとき、きちんと止めてもらえるだろうか」といった、お客さんが「感じるリスク」が少なからずあります。そのリスクを一掃させ、安心して申し込んでもらえる継続課金の方法をシェアします!
  • 1度やってしまうとやみつきになる継続課金の仕組みとは?
  • お客さんの課金漏れを高確率で防ぐ4つの方法ー 継続課金はお客さんからの入金があってこそ、はじめて安定した売上につながります。途中で支払いを滞らせることなく、しっかりと集金ができる方法を、メリット・デメリットあわせてお伝えします。あなたに最適の集金方法が見つかりますので、それを採用してください。
  • 少し非道徳な継続課金テンプレートー これを進んでやることはオススメしません。オススメしませんが、一度取り入れると、あなたは何もすることなく、手放しで毎月売上が発生するようになるでしょう。お客さんの性格を利用したおいしいテンプレートを公開!
  • 一番取り組みやすく、かつ一度取り入れるとお客さんの離脱率がガクッと下がる一石二鳥の継続課金モデル!
  • 滅多に起きないハプニングに毎月お金を払ってもらう方法ー 実は、あなたが献身的に何かの商品やサービスを提供しなくても、毎月お金を払ってもらい、売上をアップさせていくことは可能です。今までそんなことは考えもしなかったかもしれませんが、この機会にぜひ、熟考してみてください。
  • ほぼすべてのビジネスに使え、戦略・戦術にも幅が広がる継続課金テンプレート!ー 実際、このモデルを目にする機会はあまりありません。が、このフレームワークを入手することで、あなたのアイデアに火がつき、ライバルは誰もやっていないようなユニークな継続課金モデルを構築することができるようになります。
  • お得感を上手に演出し、継続課金につなげる技術
  • ライバルが取りこぼしている○○○○○○料金を毎月安定的にもらうには?ー おそらく、この方法の事例を聞くと、これは安定して収益を生み、かつ効率的で、お客さんの離脱を防ぐ賢い方法だ、ということを確信していただけるでしょう。
  • 消耗品を定期購入してもらうための戦略ー プリンタのインクや、カミソリなどの消耗品を定期購入してもらうモデルはあなたも見たことがあると思います。では、それを成功させるための戦略はご存知ですか?すぐに使える戦略・戦術を3つお伝えします!
  • コンサルタントやトレーナー業必見!報酬が膨れあがる可能性のある課金モデルとその注意点ー 同じ仕事をするのであれば、より高い報酬を得たいですよね?この課金モデルは、あなたの収入を劇的に増やす可能性があります。と同時に、難易度も高くなりますので、かならず注意点までご覧になった上で実行してください。
  • 歯医者に学ぶ継続課金テンプレート!ー 幅広い業種に適用可能かつ正しく使えばお客さんにとても喜ばれるモデルを公開します。
  • お客さんを囲い込んで離さない継続課金モデルとは?ー ほとんどの場合、自社の商品・サービスをどう定期的に売るかを考えるハズです。それプラス、この視点を加えると・・・?お客さん同士が仲良くなりはじめ、一層あなたのカリスマ度がアップし、どんどんお金を払ってくれるようになる手法をシェア!
  • 金額が高い商品ほど強烈なインパクトを出せる継続課金の方法ー 高額商品を売りたい?であれば、このタイプのテンプレートをお試し下さい。業種を選ばないので、アイデア次第でどんな高額商品でも売れるようになります。
  • テンプレートを使いこなすプラスαの思考法!ー この概念を手に入れると、ライバルにはできない、ユニークで、価値ある継続課金をどんどん発表できるようになるでしょう。

ほかにも、まだまだ特別な内容を本編では公開しています。。。

あなたのアイデアすべてが継続的に売上を
上げ続ける可能性があります

今回、あなたにお渡しするノウハウはマニュアルではありません。
つまり、ステップ1でこれをやって、ステップ2でこれをやって、・・・ハイ、完成です。とみんなが同じ結果を手にするものではない、ということです。

テンプレートとしてフレームワークをお渡しするものですから、あくまで細かい内容やオファーはあなた自身に作り上げてもらいます。もちろん、ライバルはこのフレームワーク自体をハッキリと理解していないでしょうから、このテンプレートがあなたの脳みそを刺激して、競争から一歩抜け出すための活性剤となることは間違いありません。

ライバルには真似できないような、あなたオリジナルの継続課金オファーをぜひ、作りあげてください。

どの業種にも適用可能です
が、こんな人には向いていません

余分な営業をする時間、取引先に行く時間などを短縮しながらも、安定した収益が見込めるこのテンプレートは、どんな業種にでも最低1つは適用可能です。

とはいえ、これを手にすべきではない人もいます。

それは、先ほども説明しましたが「ウチじゃ使えない」という先入観を持ってこのビデオを学ぼうとする人です。そういったフィルターを通して見る限り、たとえ使える情報があったとしても、無意識で使えない情報に変換してしまいます。

今回、こういった人には手に入れてもらいたくないので、返金保証はしません。

一方で、あなたが今までやったことがないということを「チャンスだ!」と捉え、そのフィルターを通して学んでいただけるのであれば、是非ご参加ください。

「絶対に、1つは継続課金の仕組みを作る!」という強い意気込みを持って、取り組んで頂ければ、元の数十倍は簡単にペイできることでしょう。

価格の話をしましょう

さて、「安定して売上が上がる」「長期的な発展の施策も取れるようになる」「ライバルとはひと味違った価値提供ができる」。なにより、「あなたの精神的負担が軽くなる」といった結果が手に入る、こちらのオンラインビデオセミナー。あなたには、どれくらいの価値があるでしょうか?

もし、同じ内容を私がセミナーでお話しするとしましょう。そうすると、会場費やスタッフの人件費などもかかりますから、最低でも100,000円は頂くと思います。

それくらいの参加費を頂いたとしても、十分満足していただける内容になっていますし、早い方は一週間で元の10倍、20倍くらいは簡単にペイできてしまうと思います。

今回は、会場費などのコスト、私の時間的コストも大幅に減らしてコンテンツをあなたにお届けできますので、参加費自体もリーズナブルにして、50,000円でこのビデオセミナーを受講していただけるようにしました。

早く取り組めば取り組むほど、あなたの会社の収益を安定させていきますので、今すぐこの参加券を手に入れて「継続課金の仕組み」を作り挙げて売上を上げ続けて下さい。





追伸

継続課金は、ライバルも「取り入れづらい」と思っているビジネスモデルの1つです。なのでライバルとは、ひと味違う価値提供をお客さんにしながら、安定した売上を確保していくチャンスでもあるのです。

飲食店や八百屋さん、クリーニング店でもできたのですから、あなた自身もできるとは思いませんか?

今すぐに取りかかる意義は、まさにここにあると思います。

継続課金テンプレート

納品形式:オンライン動画(182分)
価格:50,000円     
納品タイミング:入金確認後、3営業日以内   

*は必須項目
支払い方法  *
クレジットカード 銀行振込
会社名(屋号)
お名前(姓)  *
 例)山田
お名前(名)  *
 例)太郎
Eメール  *
 *半角英数
郵便番号  *
住所  *
電話番号  *