トップ

こんにちは、北岡秀紀です。

突然ですが、、、

ビジネスを長期的に発展させていくためには「改善」が必要ですよね?

であるならば・・・

あなたはこんな経験をしたことがありませんか?

ずっと儲け続けていくためには、うまくいっていることに「改善をくり返していく」といくことが大切だということはわかっている。でも、実際はその改善をするべき場所を見つけられなかったり、具体的な方法がパッとイメージできずに現状維持の状態・・・。

そんな状況からなかなか抜け出せずに、追い上げてくるライバルに焦りを感じたことはありませんか?今、取り組んでいる仕事がなかなか突き抜けずに、売上は横ばい、このままだと今後右肩下がりになるんじゃないか、、、とヒヤヒヤしていませんか?

ついつい、短期的な売上に目が・・・

もし、そういった経験があるならば、改善の大切さをわかっていながらも、短期間でドカン!と売上があがる方法に目を奪われることがあるかもしれません。
テレビでも、本でも、教材でも、短い間に売上が2倍3倍になったという話はよく聞きますよね。

たとえば、瀕死の会社が1つのビジネスアイデアを取り入れたところ、そのアイデアが大当たり!一気にお客さんが押し寄せるようになって、会社の危機を抜け出した。とか、1つの商品や1つのマーケティングメッセージがお客さんの心を鷲掴みにして、売上が1ヶ月で2倍になった!といった類いの話です。

こういったビジネスのブレイクスルーは、「すごい!」となりがちですよね。もちろん、それが悪いというつもりはまったくありません。私も、私のクライアントもこうした劇的な変化・ブレイクスルーを経験していますし、そうした実績がさらに人を惹きつけてビジネスが発展していく、というのもまた1つの事実です。

あなたのビジネスに改善が必要な3つの理由

とはいえ、そのブレイクスルーを何度も何度もくり返していけるかというと、その可能性は低いでしょう。なぜなら、、、

理由1)ブレイクスルーにはリスクもあるから

ブレイクスルーには、当たるも八卦、当たらぬも八卦な側面があります。つまり、マーケティングメッセージをガラッと変更したり、対象とするお客さんを一変させることは、売上を急増させるきっかけになる反面、大ハズレとなるケースもとても多いのです。

事実、そうした変化を望んでマーケティングメッセージ・お客さんを変えたところ、逆に売上が下がってしまったという例はごまんとあります。

ですから、常にブレイクスルーを狙うというよりは、うまくいっていることの中でのボトルネックを探して、改善を繰り返す。というスタンスが重要です。そして、その繰り返しが最終的には、ブレイクスルーと同じような成果をもたらし、売上・利益を増やすことにつながるのです。

理由2)「改善をしない=衰退の一途」だから

あなたがビジネスを続けていく以上、小さな変化でもいいので、常に変わり続けていく必要があります。

たとえば、ロングセラーの定番お菓子。「いつも食べている味と変わらない」と感じるかもしれませんが、そう感じさせるためにお菓子メーカーはたくさんの小さな改善をくり返しています。なぜなら、年月を増すごとに私たちの舌は肥えていき、味覚が変化しているからです。そのため、改善をくり返さないと「マズイ」と思われてしまうのです。

同じように、あなたが改善をせず現状維持を続けるということは、長期的に見ると衰退をしているのとイコール。そうならないためにも、改善していくことは必須です。

ただ、ここを乗り越え、改善が当たり前のようにできるようになると、、、

理由3)長期的に安定して利益を上げ続けることができるから

長期的に利益を上げ続けていけるようになります。たとえば、100の性能を持った商品を毎回10%ずつ改善していくとしましょう。

1度目の改善:100×1.1=110
2度目の改善:110×1.1=121
3度目の改善:121×1.1=133・・・となり、

計9回くり返すと214、つまり、成果が2倍以上になるのです。

こうした改善をずっと続けて10年で売上を2倍にしていく社長さんも世の中にはたくさんいます。あなたも、こうした小さな改善を積み上げていくことで息の長い経営者としてビジネスを安定して続けていくことができるようになります。

でも、、、

問題点が見つからないという問題

「その改善すべきボトルネックがわからない」と感じることもありますよね?

良い改善をするには、問題を見つけて、そこに5回「なぜ?」を問いかけるというトヨタの改善手法は、あなたも優秀なビジネスマンですからご存知かもしれません。

とはいえ、「問題点がわかれば、5回くらい繰り返して考えるよ!」と感じたことはありませんか?その問題点がわからないから悩んでいるんだ、と。

「改善の方法よりも、問題点を見つける方法を教えてくれ!」と。

うまくいく人と、いかない人の違いとは?

実は、問題意識を持って仕事をしよう、とか、問題を発見するというのは行動ではありません。つまり、問題点を見つけよう見つけようと思ってもうまくいきません。なぜなら、それは方法論ではないからです。

ですが、方法論ではないにも関わらず、うまく問題点を見つけ出し、そこを改善して売上を長期的に伸ばし続けている経営者は存在します。

問題点が見つからずに悩む経営者と、問題点をうまく見つけ改善をくり返し儲け続けられる経営者の両者は一体何が違うのでしょうか?

問題点を見つけ出す方法

それは、優秀な部下がいるかどうかは関係ありません。会社の規模も関係ありません。ましてや、経営者のスキル、情熱、才能といった個々の差でもありません。

実は、問題点には各社に共通するパターンが存在します。そして、そのパターンをいくつ発見できるかどうかが、両者のたったひとつの違いなのです。このパターンは、ある種の数稽古を繰り返し、身体に覚え込ませることで自然と発見できるようになっていくもの。

その数稽古とは、通常の【問題点を発見する⇒改善】のプロセスではなく、逆にまず【改善】を習慣にすることです。その結果、問題点のパターンが蓄積できるようになり、自然に発見できるようになれるのです。

たとえば、机にモノが散乱している状態(問題発見)から片付ける(改善)、のではなく、はじめに、ペンはペン立てに、ノートは引き出しにしまう(改善)ことを習慣づけておくということです。であれば、ペン立てにペンがないとき、引き出しにノートがないときに、机が散らかっているという問題点に気がつける、ということです。

「改善辞書」を手に入れる

では、【改善】を習慣にしていくためにはどうすればいいのか?

そのために必要なのが、まずどの部分を改善していくか?というアイデアを1つずつ集めていくこと。これがわからなければ、そもそもの行動ができないハズですから。

次に、いろんな場所から集めた改善アイデアを蓄積して、「改善辞書」を持つ、ということ。
改善辞書とは、見落としがちな改善ポイント、問題点のパターンを一覧化しておいたもの。

この、改善のアイデアを集め、蓄積して改善辞書を持つ。という流れが出来上がったあとに、その『「改善辞書」からアイデアを見つけ、そこを改善する。』ことを徹底していくのです。

この方が、何もわからない状態の中を手探りで進むよりも、よっぽど早く問題点を発見・改善できます。するとそれが成果につながり、売上・利益も上がっていくというワケです。

このプロセスが体に染みこむと、本来の【問題発見⇒改善】の思考パターンもできるようになります。決まった場所にペンを片付ける習慣をつけておけば、そこにペンがなかったとき、「あれ?」と違和感を感じるのと同じです。

『マーケティング・アイデア・ディクショナリー55』

といっても、あなたがその改善辞書を1から手作りしたり、調べたりする必要はありません。とてもシンプル&簡単に改善の習慣をつけてもらうために、今回、私が作った改善辞書『マーケティング・アイデア・ディクショナリー55』をお渡します。

これは、あなたのビジネスにすぐ使えて、すぐ成果が出る55個の改善アイデアを音声でお話しています。まずは、この中に入っているアイデアを一通り聞いてみて下さい。

すると、自然と改善ポイントが浮かび上がってきます。あとは、改善することで、そのポイントを体に記憶させながら、売上や利益に比較的早く効果をだせるようになります。

こうした比較的早く結果が出る改善ポイントを、繰り返し・繰り返し改善していくことで、10年20年にわたって利益が増え続ける会社を作っていくことができるようになりますし、問題点の発見が自然とできるようにもなります。

使い方は、シンプル&イージー

『マーケティング・アイデア・ディクショナリー55』の使い方はとても簡単。自分でアイデアを探す必要はありません。

今回の55個のアイデアは、すべてmp3形式にまとめています。なので、
まず、アイデア55個すべてを一度、通しで聞いて下さい。ここですでに、あなたの頭の中から、「改善アイデア」がポンポンとたくさん思い浮かんでくるでしょう。それをメモに書き留めておいてください。

そして、それを実行に移しましょう。そうすれば、現状に変化を起こす訳ですから、今までとは違う結果が生まれます。小さな波紋も続ければ大波になるように、あなたのビジネスも小さな改善の継続が大きな結果に結びつくことになります。

さらに、もうひとつの使い方もあります。

それは、iPhoneやiPodにこの音声を入れて、毎日「1つだけ」ランダム再生して聞くことです。そして、聞いた直後に、そのアイデアは自分のビジネスで活かすとすればどうやるか?を15〜30分程度とって考えてみて欲しいのです。

1つのアイデアの収録時間は3分程度。だから、あなたの考える時間を入れたとしても1日30分程度で1つの改善案が頭から飛び出してくることになります。あるときは、車の中など移動通勤中に。あるときは、朝30分早くベッドから起き上がって、改善アイデアを量産してください。

とにかく、ランダム再生をすることであなたは辞書を引く煩わしさなく、自動的に辞書のほうからアイデアを出してくれます。あとは、自分のビジネスに改善できるまで煮詰めて、それを社員やバイトに実行させればいいのです。

あなたの手を煩わせることはありません。

たとえばこんなアイデアが入っています

その中からいくつかご紹介すると、「購入者向けカウンセリングを実施する」というアイデアがあります。

すでに、1度商品を買ってくれたお客さんにカウンセリングをするということですが、あなたがこれを実施していないのであれば、そこを改善するだけで、一気に3つものメリットを得られます。

メリット1)アフターフォローができて、顧客の満足度が上がる

商品の満足度を上げることは大事ですよね?カウンセリングの場を設けて、「商品の使い方でわからない点」や「使っていくうちに出てきた不安」などを聞いて、それに回答してあげる。

購入者の中には、そういった問題を一人で抱え込んでしまう方が一定数いらっしゃいますから、それを解決してあげるだけで満足度は上がっていきます。

メリット2)ヒアリングができる

直接会っていろいろな悩み・願望などを聞くことができます。直接会って話すのと、アンケートをオンラインや書面で取るのでは、やはり前者の方が深い部分まで踏み込んで話を聞くことができます。ですから、その意見を反映させた新しい商品作りだったり、今までの商品のマーケティング・メッセージの見直しなどもやりやすかったりするということです。

メリット3)その場でバックエンドを売れる

もし、あなたがバックエンドを用意しているのであれば、その場で売り込むこともできますよね。そうすれば、販売機会の損失を免れる、ということにもつながります。

また、「もうひとつヘッドラインを考える」というアイデアも収録しています。

これのメリットは何か?

メリット1)広告の成約率を上げる

ズバリ、多くの会社はDMやネットの広告、セールスレターを作る際に、1つしかヘッドラインを作っていません。そしてその結果を見て一喜一憂をしているわけです。

でも、それはとてももったいないこと。あなたがもうひとつヘッドラインを作ってどちらのヘッドの広告が売れるかをテストすれば、さらに反応率や成約率を上げていくことができるようになります。

メリット2)対面営業にも応用可能

「いや、うちは対面営業だから関係ない?」いいえ、そういった場合でもこのアイデアは効果を発揮します。というのも、営業トークで商品の強みなどを一言でまとめてプレゼンすることがよくありますよね。

そのときに、このヘッドラインをもう1つ作るという考えを持って、トークを変更してみてください。そこでも相手の反応や実際の成約率を見て、改善を繰り返してくことができるようになります。

こうしたアイデアが、残り53個もあります。

あなたのビジネスが必ず改善できることをお約束します

いかがですか?こういった業務の改善が55種類もあれば、必ずビジネスを改善して売上をアップできると思いませんか?

その他にも、、、

  • お客様の声がもたらすさらなるメリット2つ ー お客様の声が成約率を上げるのはご存知ですよね?では、新たなビジネスチャンスや社内の雰囲気にも一役買うことは?一石三鳥のお客様の声の具体的な取り方をシェア!
  • 有名人、権威のある博士から推薦の声をもらい売上を上げるシンプルなテクニック
  • 世話焼きおばさんの取り扱い説明書 ― 注意!あなたの商品を多方面に紹介してくれる人を見つけたらラッキーです。が、「ある行為」だけは禁止してください。それをするとカンカンに怒り出し、二度とあなたの商品を紹介してくれなくなるでしょう・・・
  • 安売りをしているのに、安売りと思われず、リピート購入が続く方法!
  • 手間をかけずに客単価を上げる工夫 ― セールスの時に、一声かけるだけで客単価を上げることができれば、営業効率も利益も上がりますよね?スキルや経験いらずで新人の営業マンでもできる簡単な方法を公開!
  • 取りこぼしなく利益を増やし続ける商品作成法!
  • お客さんの期待を裏切っていないか?を確認するためのポイント ー 定期的にセールスのあるポイントを見直すことによって、お客さんの満足度がより高まり、「次の商品をください!」と消費願望を誘発させることができるでしょう。
  • お客さんが感動して、リピート購入を繰り返すようになるプレゼント術!
  • パレートの法則を使って、さらに利益を積み重ねていく方法とは?
  • 保証をすることの本質 ― お客さんに喜ばれる保証を作るための思考法を公開!
  • 「居心地がいい」とお客さんに思わせるためにすべき事とは? ― ほんのささいなサービスの違いが「この会社いいよね」という評価につながることがありますよね。ライバルから頭一つ抜け出すためのサービスを見つける方法をシェア!
  • 不良顧客にまとわりつかれないためのシンプルな排除方法 ― ある一言だけを言って下さい。それだけで、あなたのまわりからイヤな客を消し去ることができるでしょう。
  • ほとんどの会社がやっていなくて、レバレッジの効いた成果がでるご案内とは?
  • 今、スタンダードになりつつあるビデオの活用の仕方 ― 今はスマホでも綺麗なビデオがとれる時代です。そして、これを顧客との信頼関係に活かさない手はありません。あなたに好意と信頼を持ち始めるビデオの撮り方を公開!
  • 頭を使わなくてもいい、成約率を上げるための単純な方法!
  • 「買わない」と決めているお客さんに「買います!」と言わせる秘密とは? ― この戦略はシンプルかつ、強力です。なぜなら売り込んでいるにも関わらず、「おぉ、ありがたい!」と思わせることができる秘密が含まれているからです。
  • シンプルな改善にも関わらず、売上を伸ばす”場所” ― この場所の改善を専門としている会社も存在するくらい、重要ですが、見落とされがちな部分です。それだけにここを工夫するだけで成約率が上がった!という報告も多々あります。
  • パッケージングを変えるだけでお客さんが増えてしまう秘密とは? ― 私も過去にこの秘密を使うことで、ほぼ同じ内容の商品を使ってお客さんを増やすことに成功しました。あなたのビジネスにも応用できる秘密をシェア!
  • あなたのUSPが見つかるシンプルな考え方!
  • あなたが思っている「当たり前」を一覧にするだけで売上があがる簡単かつシンプルな方法!
  • あなたの発想を広げるための1つの質問 ― なかなかいいビジネスアイデアが浮かばない?では、この質問に30分時間をとってみてください。突飛なアイデアの数々からダイヤの原石を見つけることができるでしょう。
  • 心理学を巧みに応用したイベントの秘密とは? ― もし、あまりお客さんと直接会う機会がなければ、このアイデアを参考にイベントを開催してみてください。喜ばれ、あなたにますます好意を持つようになり、商品をたくさん購入してくれるようなお客さんを囲い込むことができるようになるでしょう。

本編では、ここでは公開できないさらなる秘密もシェアしています・・・

と、あなたのビジネスに使えるアイデアがこの『マーケティング・アイデア・ディクショナリー55』の中には、ぎっしりと詰まっています。それらの改善案をひとつひとつ、積み重ねていくことで、長期的に繁栄する会社を作ることができるのです。

これは「教材」ではありません。

これは、マーケティングの「ノウハウ」を教えるものではありません。ですから、あなたは「教材」を学ぶときのように、「ヨシッ!」と気合いを入れる必要はありません。1日3分、iPodやiPhoneのランダム再生機能を使って、辞書のどれか1つをリラックスしながら聞いて下さい。そして、そのアイデアについてどう改善していくか15〜30分考えたり、実行したりしてください。

この習慣を続ければ、忙しいあなたでも、わずかな時間を使うだけで改善のアイデアを積み重ね、儲け続けていくことができます。

繰り返し使えるアイデア

そしてこれは、私がコンサルの現場で、今もなお使っているもの。そして、繰り返し効果を発揮し続けているものです。なので、あなたも1度使って「ハイ、終わり」という単発性のアイデアではありません。1度使っても、期間をおいて改めて聞き直すことであらたな発見があったり、さらに新しいアイデアに発展させたりすることができます。

つまり、この効果はあなたがビジネスを改善するたび、新しいビジネスを立ち上げるたびにつかえるアイデアの塊です。

気になるお値段ですが、、、

『マーケティング・アイデア・ディクショナリー55』は、今もなお、私が現場で使っているし、速攻性の高いアイデア集です。1000個近い売上アップのアイデアの中から、簡単に使えてすぐに効果がでるものを選び出しました。

もちろん、このアイデアは机上の空論ではなく、私が大量の勉強と実践を重ねてきたものです。だから、こうしてまとめた形にするまで、いくら投資をしてきたかわかりません。少なく見積もっても数百万円はくだらないと思います。

そのアイデアの数々を、今回は14,800円でお渡ししたいと思います。

14,800円を55個のアイデアで割ると、1個あたり約270円です。となると、スタバのコーヒーよりも安い金額ですよね。コーヒーを1回ガマンするたびに、会社の業績を上向きにさせるための改善案が手に入るということです。

これは、かなりお得な投資だとは思いませんか?

なぜ、これを公開するのか?

もしそんなにすごいものなら、公開せずに独り占めしておけばいいじゃないか。そう思うかもしれません。

ですが、公開する理由は2つあります。どちらも単純です。

1つは、これは独り占めしてこっそりおいしく稼ぐためのものではないからです。この辞書は一定数を超えると飽和していくようなノウハウではありません。逆に、使えば使うほど、お客さんに喜ばれるし、会社も儲かっていきます。
なぜなら、改善案は会社の方向性をよりよくするためのものなのですから。

もう1つは、この「辞書」を使ってあなたが結果を出せば、あなたはさらに私を信頼してくれるようになり、今後出す商品も買い続けてくれる、と期待しているからです。

しかし、、、こんな人には向いていません。

もしあなたが、「具体的な改善策を教えてくれ」と感じているなら、この辞書はあなたのためのものではありません。これは、あくまで改善点アイデアのきっかけをたくさんご用意したもの。それに「ハッ」としてもらい、「これは、自分のビジネスでこう使えば良いんだ!」と自分で考えることができる人のためのものです。

もしあなたが、「時間が全く取れない」と断言するのであれば、このプログラムはあなたのためのものではありません。このプログラムは最低でも、毎日3〜30分は時間をとって実行していただきたいです。だから、その時間すらも取れない、取る気がないというのであれば、宝の持ち腐れになってしまいます。

もしあなたが、「画期的・斬新・裏技なアイデア」を求めているのであれば、このプログラムはあなたのためのものではありません。55個のうち、いくつかはそう感じるものが含まれている可能性はあります。ありますが、考え方としては見落としがちな改善部分を、この辞書で見直すという使い方をしてください。

あなたには今、2つの道があります。

今、あなたの目の前には2つの道があります。

1つめは、現状維持の道です。改善すべき問題点もアイデアもろくに思いつかず、ずっとブレイクスルーを狙う道です。

悪いとはいいませんが、その危険性は先ほども紹介した通りです。その場合は、あなたが理想とする「長期的に安定した成功」は手に入りにくいかもしれません。

2つめは、『マーケティング・アイデア・ディクショナリー55』をつかって、改善の習慣を作るという道です。改善の習慣ができれば、問題点は朝起きたら歯を磨くような自然な感覚で見つけることができるようになります。

そうすれば、10年で売上や利益を2倍にしていくような安定した体質で会社を発展させていくことができると思いませんか。

一発逆転の大技を常に狙っている会社と常に安定した成績を出し続ける会社。
あなたはどちらを選びますか?




北岡秀紀

P.S

1度お聞きいただければ、紹介したアイデアがどんなにシンプルで簡単か驚かれると思います。それだけ早く実行できて成果が上がりやすいものばかりを集めました。

購入決断に悩む時間があれば、その時間を改善点の練り上げにも使えるということも頭に入れておいて下さい。

P.S 2

先ほども紹介しましたが、このアイデアは繰り返し何度も使えます。そして、繰り返し使えば使うほど、あなたの問題点を発見するスキルも身についていきます。そういった相乗効果が起きることをぜひ体験してみてください。

マーケティング・アイデア・ディクショナリー55

価格:14,800円

*は必須項目
支払い方法  *
クレジットカード 銀行振込
会社名(屋号)
お名前(姓)  *
 例)山田
お名前(名)  *
 例)太郎
Eメール  *
 *半角英数
郵便番号  *
住所  *
電話番号  *