穴場のジョイントベンチャー、提携相手を見つける方法

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相手の持っている顧客リストに
自分の商品を紹介してもらう。

逆に自分の顧客リストに
他社の商品を販売する。

たったこれだけのことで
売上が2倍にも3倍にもなります。
ゲリラサイズの企業にとって、
これほど有効な販売方法はありません。

ですが、どうやってそのような提携先を
見つければいいかわからない、
という方がいらっしゃいます。

そういう時は「時間軸」で考えると
うまくいきます。

時間軸

→を時間の流れとして、
商品を「購買決定」する時点、「利用」する時点が
かならず存在します。

このそれぞれの時点の前後の
お客さんの行動を想像するのです。

例えば、習い事。ここではフラダンスとしましょう。
「フラダンスしよう」と決めるのが「購買決定」
レッスンが「利用」ですね。

では、「購買決定」の前後にあることを想像します。
例えば、DVDで映画『フラガール』を見て
フラダンスをしようと思ったかもしれません。

だとすると
レンタルビデオ店で『フラガール』を借りた人に、
チラシをいれてもらうことができます。

では「利用」の前後は?

レッスン用の衣装や靴店を紹介してあげ、
キャッシュバックをもらうこともできます。
本格的にやるようになれば、
本場のハワイに行きたいと
考えるようになるかもしれません。

そうすれば、旅行会社と組んでツアーをする、
という手もあります。

衣装や靴店の紹介、旅行なんかは比較的オーソドックスです。
でも、レンタルビデオ店と組むことは、
普通ではなかなか思いつきにくいでしょう。
しかし、このような時間軸で考えることで、
思わぬ提携相手が見つかります。

ぜひあなたのお客さんの
「購買決定」「利用」の前後の
行動を考えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*