無料オファーの落とし穴

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料オファーを武器に、お客さんのメールアドレスを獲得し、
継続的なフォローアップをして商品購入につなげる。

インターネットでマーケティングをするうえで、
最もオーソドックスかつ効果的な方法論です。

その意味で無料オファーを作るというステップは、
インターネットでビジネスをしていれば必須のステップです。

その際にやってしまいがちなので、
「無料だからなんでもいい」という発想で無料オファーを準備することです。

しかし、それは逆です。
「無料だからこそ、力を入れる」のです。

前述した通り、無料オファーの目的はその後に商品を購入してもらうことです。
だからこそ、無料オファーを使ってもらい満足してもらう必要があります。

もしかすると「当たり前」と思われるかもしれません。
しかし、ここに大きな落とし穴があるのです。

全く同じなのに・・・

弊社の例をお話ししましょう。

2008年に「売れるウェブサイトの作り方」セミナーを
繰り返し実施している時期がありました。

当初の価格は、40,000円。この時の平均満足度は98.1%でした。
ある時期に無料に変えて実施したところ平均満足度は85.3%でした。

全く内容を変えていないにも関わらずです。

つまり、

人は無料のものに価値を感じずらい

ということです。

人の価値の感じ方は相対的なものです。
全く同じ商品であっても、無料で手に入れた場合より、
身銭を切って手に入れた場合に価値を感じるのです。

有料の場合、お客さんはお金を支払った事を
自分に正当化するためにも良い部分を探そうとします。

しかし、無料オファーの場合、その必要がありません。

よほどでなければ、「そんなものか・・・」になってしまいます。

なので「無料だからこそ、力を入れる」必要があるのです。
そして、満足度を高める必要があるのです。

あなたが提供している無料オファーは大丈夫ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*