『FREE~フリー』のワナに気をつけろ!

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『FREE』という本が一時、流行中しました。
書店では関連書籍も含め平積みされたので、
ご存知かもしれません。

ちょっとでもマーケティングしている人には
今までの方法論を単に類型化した本に過ぎませんが…

このフリー戦略(正しくは戦術、ですが。)においては、
無料レポート、無料サンプル、無料音声などなど
「無料」は簡単に会社の業績アップを可能にする
強力なツールです。

ただ、使い方には注意する必要があります。
(特にオフラインビジネスの場合)

見込み客を集めるために無料オファーを使う場合、
「お客さんを無料中毒にしない」ということに
気をつける必要があります。

無料でモノを与え続けると、
無料にしか反応しない人を集め育てることになります。

内容に興味があるからではなく
無料だからとりあえずもらっておけ、
という心理状態ですね。

この無料中毒者は一定の割合でいますし、
また無料で与え続けるとその割合は増えていきます。
「無料で与えつづければもっと欲しくなる」

なんて言う人もいますが・・・
複製コストのかからないインターネットであれば
無料中毒者と同様、購入者になる人も一定割合います。

母数を増やしさえすれば儲かりますから
その考え方でもいいでしょう。

しかし、オフラインの場合そうはいきません。
複製コストは下がってもゼロにはできません。
それでもお金はかかります。

母数を増やして購入者が増えても、
無料中毒者に対するコストもかかります。

中毒者に対するコスト < 購入者、売上増

になるようバランスを考える必要がある、
ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*