自己啓発セミナーで成果を出すお作法

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140911

Kitaoka

自己啓発系のセミナーを受けている人は、
勉強熱心ですので様々なセミナーに参加しています。

ある自己啓発セミナーで隣同士だった人が
私のセミナーでも偶然、隣同士になった
という現場を目撃したこともあります。

懇親会なんかで、
こういった自己啓発セミナーの話題になることも多く
同じセミナービジネスをする者として感想を聞いたりもします。

賛否両論は様々なんですが、
高く評価している人には二種類いることに気付きます。

ひとつめ。
自己啓発セミナーをきっかけに成果を出した人。

ふたつめ。
自己啓発セミナーを「楽しんだ」人。

前者が参加した自己啓発セミナーを
高く評価するのは、まァ、わかります。

ここで考えなければいけないことは後者です。
彼らは決して成果を出していません。

にも関わらず高い評価をくだしています。
しかも、後者のような人に限って
これらの自己啓発セミナーにリピート参加しています。
(ハッキリ言えば、カモです。)

理由を聞くと
「何度言っても学びがある」
と判を押したように言いますが・・・

深堀していくと
「気持ちいい」「同じような仲間がいる」
というのが本当の理由です。

つまりはレジャー感覚。

ネズミの国に行くのと同じ感じで
自己啓発セミナーを受けることは否定しません。
それが好きな人にとっては、それが幸せなんでしょうから。

また、そういう人が少なからず混ざっていることで
「アイツらみたいにならないようにしよう」
と反面教師という役割がありますから、
いなくなるのは困ります。

しかし、このオクゴエ!を読んでいるあなたは、
経営者として一定以上の具体的な成果を求めているはず。
ならば、そっち側に行かないようにする必要があるはず。

自己啓発セミナーで成果を出す人、成果を出せない人。
この違いを知っておく必要がありますね。

成果を出す人、出せない人、その違いとは?

では、その違いは何なのでしょうか?

それは、一度、自力で成果を出しているか出していないか、です。

自己啓発セミナーで成果を出す人は、
一度、自分の力で成果を出しています。

ビジネス分野に限れば、
年収1000万円程度取れるようになっていたり
それに準じるような活躍をしています。

成果を出す人というのは、
今までうまくやってきた成果を出す方法を
自己啓発セミナーでもっとブラッシュアップして
さらに成果が出せるようになる、という感じです。

借金地獄からだとか
マイナスから突然成功したストーリーが良く語られますが
大抵は、もともとある程度、一度成功していて、
また落ちたという方が多いです。

つまり、自己流で一度は成果を出した。
でも、もっと効率がいい方法があることを
自己啓発セミナーで学ぶようになる、ということ。

自己啓発セミナーの大半はマインドセットや精神論です。
(バックエンドを売るにもその方が都合がいいですし)
考え方を変えて成果が変わるのは、
自分なりの具体的な方法論やリソースを持っている人だけです。

なので、あなたがもしまだ年収1000万円程度も稼げていないなら、
稼ぐことにフォーカスしてください。

そのためには
セミナーに行くにしても、マーケティングなど
自分のスキルに直結するものをに絞る。

自己啓発セミナーに行くのは、
そのスキルで食えるようになってからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>