自分を変えるために知っておくべき3つのこと

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150910

Kitaoka

・3日坊主をやめよう!
・食べ過ぎるのをやめよう!
・これから毎日英語を勉強しよう!
・ブログを毎日書こう!

「よし、自分は変わるぞ!」と決意したこと、何度もあると思います。

ですが、ここで少し思い出してみて下さい。
冒頭のように決意した時、うまく変われたでしょうか。

「変わってきた」と自信満々に答える人。
「何度も自分は変わろうと思ったけれど、変わらなかった。」と答える人。
答えは完全に二分します。

自分を変えられる人、変えられない人、この二者にほとんど違いはありません。
ほんの少し「自分を変えるための考え方」を知っているかどうかだけです。

今回は、自分を変えるために知っておくべき3つのこととして、そのほんのちょっとした差について解説します。

自分を変えるために知っておくべき3つのこと その1:決意では変わらない

「自分は変わるぞ!」と思うことを「決意」と言います。
しかし、どれだけ強く決意をしても、決意だけで人は変わることはできません。

なぜなら、本当に自分が変わる時というのは、決意をして行動をし続けたあとだけだからです。行動をし続けたあとで、やっと初めて変わることができます。

決意というのは「よし、頑張るぞ!」と最初はパワーがあるのですが、それは最初だけです。

この決意は、時間が経つにつれて、だんだんと小さくなっていきます。

それで、3日も経つとあんなに決意したのに、
・続かない、、、
・忘れてしまう、、、
ということになるわけです。

ダイエットや、英会話学習などでは、このような経験のある方も多いでしょう。
これは、決意のパワーが、すぐに低下することを示す良い例です。

決意後、すぐに行動してはいけない!?

大抵の人は、決意をしたら、いてもたってもいられずすぐに行動してしまいます。
決意の直後はパワーが大きいので、それもある意味仕方のないことです。
でも、実はそれは間違いです。

決意のパワーがあるうちに最初にすべき本当にすべき大事なこと。
それは、その後も行動し続けるための仕組みを作ることです。
つまり、習慣化するための仕組みを作ること
です。

どうやれば継続することができるのか、を考え仕組みにするということです。

ちなみに、習慣化するための仕組み作りについては、以下が参考になるはずです

簡単にできる「習慣化」の方法
習慣を変える技術

自分を変えるために知っておくべき3つのこと その2:徐々に変わるということを知る

自分を変えたいと思う時、大きく変わったゴールを達成している自分を想像します。
5キロやせていい身体になっている自分、英語がペラペラの自分、月収がン百万円の自分・・・

当たり前のことなのですが、一足跳びにその状態に達することはできません。
もちろんものによりますが、3ヶ月、半年、1年、もしかすると3年以上必要なこともあります。

そんなとき、そのゴールと今の自分とのギャップが大きすぎてモチベーションが下がるということが起こります。

でも、実は行動さえしていれば必ず成功に結びついています。

例えるなら、自分の子供と親戚の子供の成長速度の感じ方の差のようなもの。
自分の子供の場合、毎日見ているので、成長度合いがイマイチよく分かりません。

ところが、親戚の子供は、半年に一回しか会いません。
だから、会うたびにどんどん大きくなっているように見えます。

変わっていく=成長というのは、そもそもが徐々に変わっていくものなのです。

ですから、本当に当たり前のことですが
・決意したからといって、自分をすぐに変えることはできない
・自分を変えるには、行動し続けることで徐々に変わっていくもの

ということを頭で理解しておいてください。

自分を変えるために知っておくべき3つのこと その3:変わったことに気づきずらい事を知る

・決意したからといって、自分をすぐに変えることはできない
・自分を変えるには、行動し続けることで徐々に変わっていくもの
と、2つのポイントをお伝えしました。

ここからはこの2点を押さえながら、考えてみてください。

例えば、ダイエット。
体重が毎日1kg減るかと言うと、、、そんな勢いでは減りません。
体重計に乗っても変化が感じられない、ということが起こります。
そうなると、ダイエットがうまく出来ているかどうか、よくわかりません。

でも昨日の自分と比べれば、必ず違います。
1gくらいは減っているはずなのです。

ですから、それを感じるためには、小さな目盛りのついた心のモノサシをあなたが持つ必要があるわけです。

ダイエットの場合であれば、0.1kg刻みの体重計であれば変化はわからなくても0.01kg刻みであれば減っていることが確認できる可能性が高いでしょう。

○○ができるようになった!
 ↓
今度は、○○もできるようになった!
 ↓
更にもっと○○もできるようになった!

こんな風に、「変化していることが当たり前」と感じることができるはずです。
小さくても前に進んでいる感覚を持ち、ほんの少しでも変化しているということを感じることができれば、モチベーションは保ちやすくなります。
モチベーションが保ちやすくなれば、さらに自分を変えるための行動も続けやすくなる、
というわけです。

ぜひ、

・習慣化
・習慣を作る仕組み化作り
・モチベーションを保つための小さな目盛りのついた心のモノサシを持つ

この3つを押さえてください。

自分を変えるために知っておくべき3つのことまとめ

自分を変えるために知っておくべき3つのことまとめ

その1:決意では変わらない

その2:徐々に変わるということを知る

その3:変わったことに気づきづらい事を知る

ビジネスは競争の世界です。
周りはどんどん頑張って、あなたを追い抜こう、あなたを引き離そうとしてきます。
あなたがどんどん成功していこうと思っている場合だけでなく、今のままでとどまるにしても、自分を成長させて進化させていく必要があります。

変わることは、生き残るための必須のスキルです。

今回は、そのための根本をお伝えしました。
あなたが今回の考え方を理解すれば、今後あなたは、なりたい自分になれます。
強いビジネスをしていくためにも、ぜひこの方法を試してみてください。

追伸

本気で自分の習慣を変えたいなら・・・
これはかなりオススメです。

オートマチック・アクション・システム」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>