差別化を簡単に実現する2つの方法

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150709

Kitaoka

「差別化するべき」
これは、すべてのマーケティングの本に必ず書いてあり、
マーケティングの基本のキと言っていいでしょう。
差別化を実現するための方法論、フレームや考え方もたくさんあります。

にもかかわらず、実際に差別化できている人はごくわずか。
そう差別化をするというのは、意外と難しいものだからです。

そこで、今回は簡易的に差別化を実現する2つの手をお話しします。

差別化を簡単にやるための2つの手 その1:社長が前面に出る

社長はひとつの会社にひとり。
同じ人はいませんから、取替えできない唯一無二の存在です。
社長を前面に出すだけで差別化が可能になります。

社長自身が前面に出て考えや、展望、方針などを語ることで社長の個性が表現できます。
そうすると、社長のキャラクターそのものが、=(イコール)会社のイメージに重なっていきます。
ちなみに、社長が出るのが嫌だからとスタッフを全面に立たせるのはダメです。
なぜなら、スタッフは辞めてしまうことがあるからです。

一方、社長は引退するまで会社の看板や顔として活動できます。
つまり、社長が辞めることは通常ないので、
取り替え不可能な差別化になるわけです。

たったこれだけのことですが、
小さな会社でも、もっと社長の顔が見える状態にすれば、簡単に差別化ができます。

差別化を簡単にやるための2つの手 その2:接触頻度を増やす

差別化の「王道の方法」には、、、

 自分たちの配信するメッセージングを競合と全く違うものにする
 商品そのものを競合とは違うものにする

というものがあります。

ですが、もう一つの差別化の方法として「お客との関係性を強固にする」という方法があります。
信頼関係を強固にすれば、他の競合が入ってこれなくなり、
それこそが差別化となります。
そのためには、お客との信頼関係を築くにはどうすれば良いか?を考えます。

様々な方法論ややり方はありますが、
まずやって頂きたいのはお客さんとの接触頻度を増やすこと。
人は、接触頻度が多い人であればあるほど、親近感や信頼感を抱いてくれやすくなります。
これは、ザイオンス効果という有名な法則です。

では、どのようにすれば見込み客や新規客、既存客に接触頻度を上げることができるのでしょうか?

具体的な方法として、、、

 直接会う
 メール配信をする
 ニュースレターを送る
 勉強会を開く
 イベントをする
 ・
 ・
 ・
といったものが挙げられます。

これらの方法は、なんでも構いません。
とにかく、お客や見込み客と会ったり、メッセージを配信したりするなど
接触ポイントをいかに増やしていくか?を考えます。
接触頻度を増やすだけで、一気にお客さんと関係を築けるようになり、差別化ができます。

以上、「差別化を簡単にやるための2つの手」をお伝えしました。

まとめると、、、
 その1:社長が全面に出る
 その2:接触頻度を増やす

すごくシンプルで当たり前に感じるかもしれません。
しかし、これを差別化の武器として使っている人は、実はかなり少ないです。

ですから自分のビジネスでは、どうすれば、、、

 もっと社長が前に出られるか?
 もっと情報を発信できるか?
 もっと接触頻度を増やせるか?

これを考えてみてください。

そうすればあなたのビジネスは一気に差別化できるようになります。
差別化は、あなたのビジネスのファンを作るきっかけにもなるので、
ぜひ試してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>