成果を出すために、3回アウトプットする方法

川崎 功瑛 川崎 功瑛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
141001

Kawasaki

インプットとアウトプットを効率よく行いたい?

そして集客も同時に行っていきたい?

であれば、今日の方法はとても魅力的かもしれません。

それは何かというと、「3回アウトプットする」
ということです。

学んだ知識を深く浸透させるには?

人は繰り返し繰り返し、同じ事をアウトプット
することで学んだことを効率よく覚えることができます。

試験勉強でも、

・読む
・書く
・言葉に出す

これを繰り返し、記憶した経験があなたにもあると思います。

また、ビジネスをしているとよく言われるのが、
「セミナーを開きなさい」ということです。

この効能は、人に教えることで、知識と別の知識が
セミナー中に突然結びついたり、内容の理解がより
深まったりして、結局は自分が一番、勉強になるからです。

ただ、セミナーをやるにしても、集客や準備
に時間を取られるため、億劫だと感じる方も
いると思います。

そこで、もっと簡単にセミナーに近い効果を
得られるのが「3回アウトプットの法則」なのです。

具体的に踏み込んでいくと、、、


1回目、メルマガ
2回目、音声
3回目、映像

の順でアウトプットをしていきます。

3回アウトプットの法則:1回目、メルマガ

これはもうおわかりだと思います。

まずは、失敗の心理抵抗が最も低い
メルマガで知識をアウトプットしましょう。

この記事をブログにアップすればするほど、
検索エンジンベースのアクセスが期待できます。

そして、まずメルマガにアウトプットを
しておくことで2回目、3回目の「台本」にできる
ので、次のハードルがとてもラクになります。

3回アウトプットの法則:2回目、音声

台本の内容を元に、次は実際に音声に
その内容を吹き込んでいきます。
(棒読みにならないように注意です!)

具体的には、

・ボイスレコーダー
・スマホのボイスメモ
・パソコンに直接吹き込む

いずれかを選び、録音をしていってください。

Macをお使いの方は、「GarageBand」という
音楽編集ソフトが最初から内蔵されていますので、
そこで録音する方法をオススメします。

スグにPC上で編集ができますし、mp3化も
スグできるのでとても便利ですよ!

やるとわかりますが、初めて音声コンテンツを作る時は、
驚くほど噛んだり、失敗したりしてしまうと思います。

でも、慣れれば自然と上達しますので
気楽にチャレンジしてみてください!

で、ここで作った音声はpodcastで配信しましょう!

音声の中で、あなたのブログの告知をすることで、
podcastの層からあなたのブログに誘導をする
ことができ、集客を見込めます。

3回アウトプットの法則:3回目、映像

音声と映像は、ほぼ同じように感じられますが、
画像がある、なしではかなり大きな差が生まれます。

編集や書き出しの手間、時間もかかりますし、
表情や動作のクセで、見る人に与える印象が
良くも悪くも変化するからです。

ですが、この段階であなたは2回のアウトプットを
経ているので、いきなり映像を撮るよりはハードルを
低くした状態で、映像コンテンツを作ることができます。

また、機材に関してですが、
最初から高価なカメラを揃える必要はありません。

スマホでもいいですし、パソコンの内蔵カメラを
使ってもいいでしょう。

あと、撮影の構図ですが、単なるバストアップだけ
ではなく、ホワイトボードだったり、その他小道具を
使うのもアリです。

「どうすれば視聴者に楽しく役立つ中身になるだろう?」
と自問しながら、撮影してみてください。

きっと良いアイデアが出てくると思います!

で、ここで撮ったビデオはYouTubeに
アップしましょう。

そこからLPやブログに飛ばすことで見込み客を
集めることができます。

以上3つ、いかがでしたか?

文章、音声、映像を分けて考えてしまうと3つの
コンテンツが必要になりますが、まとめて
考えると1つのコンテンツを流用することができ
ラクになります。

さらに、自分自身の知識も深まるので一石二鳥ですね!

ぜひ、試してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>