3日坊主を克服する3つのポイント

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150108

Kitaoka

3日坊主 という言葉を意識することが増えるのがこの1月です。

この年末年始、目標を立てたり、
こういうことをやろうと決めた、
という方は多いと思います。

そんな新たな決心があるところ
3日坊主はつきものです。

実際、2015年に入り8日経過しました。
通常営業日でも4日経過しました。
新たな決心に対する取り組みは続いているでしょうか?

既にやるのを忘れていた、という人も少なくないと思います。
まださすがに続いているよ、という人も
1月末には99%のことが実行できていない可能性が大です。

そんな3日坊主に陥らないためにはどうすればいいのでしょうか?

そろそろ決心がゆらぐ、この時期だからこそ
3日坊主を克服するコツを3つ、紹介します。

3日坊主を克服するポイント1 ひとつに絞る

新たに取り組みたいと考えたことは、ひとつではないと思います。
しかし、それを全て追いかけることは不可能、と考えてください。

新しいことに取り組むをというのは、
かなりエネルギーを使います。
全てに取り組もうとしたら
エネルギーを異常に消費しますから、
結局、全てが3日坊主に陥ってしまいます。

ですから、その行動が習慣になるまでは、
他の新たなことに取り組む、ことはやめることです。

一方で、習慣にしてしまえば、
エネルギーをほとんど使いません。
気合を入れないと歯磨きができない、なんてないはずです。

そうなればしめたもの。
次の取り組みを習慣にしていきましょう。

つまり、新たなことに取り組むのはひとつずつ、というわけです。

3日坊主を克服するポイント2 区切りを作る

ゴールの見えないマラソンは誰もがんばれません。
42.195kmと距離が決まっているからこそ、
しんどくても頑張れるわけです。

というわけで、これから新たに取り組むことにも
ゴールを設定しましょう。

具体的には
「とりあえず60日だけやる」
と決めてみてください。

60日続けることができれば。。。
逆にやらない、ということが気持ち悪くなりますから、
結果として、さらに長く続くようになります。

さらにこれを強力にしたいなら。。。
10日目、30日目そして、60日の区切りまで行動できれば、
何か自分にご褒美をあげるようにしてください。

区切りを増やし、
区切りを楽しみにしていくわけです。

3日坊主を克服するポイント3 他の習慣と紐づける

すでに日常やっている習慣は何でしょうか?
その習慣の直前もしくは直後に
取り組みたいことをやるようにします。

例えば、昼食前後や昼寝の前後など。
いつもやっていることにつなげるので、
やるのを忘れるというのが極端に減ります。

ちなみに一番オススメは
朝起きたらすぐにやる、ということ。
朝ご飯まで30分〜1時間程度、それに取り組みます。

前にあげた昼食や昼寝などは、
何か別のスケジュールに押されてしまって
実行する時間がなくなる、ということがないからです。

しかし、起きてすぐの場合、
そのようなことが起こる心配はありません。

それでも3日坊主で終わってしまったら?

とはいえ、結局3日坊主で終わってしまった…
ということもあり得ます。

そんな時は
「今回も3日坊主で終わってしまった…」と考えるのではなく
「3日は続いた」と考えてください。

また、そして、4日目から続ければいいわけです。
そうすれば3日坊主も3回続ければ9日できていることになります。

それじゃ意味がない、と思うかもしれません。
確かに、取り組みたいことは習慣にはなっていません。

が、「また続かなかった」が続くと、
「続けられないこと」が当たり前の自分になってしまいます。

そうではなくて
「とりあえず行動した」
と見る側面を変えるようにします。
(実際、一歩目が一番大変なわけですし)

「行動した」を繰り返すと続けられない自分ではなく、
行動する自分にフォーカスが当たるようになります。
結果、行動するのが普通になっていきます。

そうすれば新たな取り組みが
習慣になりやすくなっていきます。

ある程度うまくいっている人を見ると、
強い意志で様々な良い習慣を続けているように見えますが、
それは「続けるのが普通」という状態になっているからです。
特段の意志を使っているわけではありません。

3日坊主の克服そのものも習慣だ、ということです。

というわけでまとめると。。。
3日坊主を克服するポイント1 ひとつに絞る
3日坊主を克服するポイント2 区切りを作る
3日坊主を克服するポイント3 他の習慣と紐づける
そして、3日坊主になっても「3日行動した」と考える

ぜひこれを参考に3日坊主を克服し、
良い習慣を身につけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>