お客様の声を最も簡単に集める2つのポイント

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声の必要性は散々説かれていますが、
なかなか取れない…
という悩みを持っている方が多いようですね。

「声をください」と言っているのに、
お客様の声がもらえない場合、
問題は大抵2つに分けられます

ひとつめ。
「声をください」という回数が絶対的に少ないこと。

「声をください」と伝えたタイミングで、
お客さんは忙しかったかもしれません。
眠たくてそのことを覚えていないかもしれません、
書こうと思ったがご飯を食べに行って
忘れてしまったかもしれません。

単純にタイミングが合わなかったために
声がもらえなかったということが
非常に多いです。
ですから、1度だけでなく、
繰り返し「声をください」と言い続けることです。

2つめ。
どんな内容を送ればいいかわからない。

お客さんは、せっかく声を書くなら
「良い声を書いてあげたい」
そんな風に考えています。

しかし、どのように書けばいいのかが良くわかりません。

だから、そのまま先延ばし…
というパターンが非常に多いのです。
ですから、できる限り書きやすいようにしてあげることです。

そこで有効なのが、質問をすること。
明確な質問を複数することで、
お客さんの声ができてしまうようにしてしまいます。

具体的には、
1.なぜ買おうと思ったのですか?
2.買って使ってみてどのように変わりましたか?
3.買ってどうなったのか?
以上3点に答えてもらえば、

お客様の声は出来上がってしまいます。
もしお客様の声が集まらないのなら…
ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*