セールスページの成約率が上がらない時に役立つ重要な要素

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成約率があがらない。

そんな場合、当然ページを変更するわけですが
意外と忘れがちなポイントがあります。

それが名前や住所などを入力するフォームです。

ほとんどの商品販売ページは、
セールスをするページにボタンがあって、
それをクリックすると別ページにリンクし、
フォームに入力するというやり方だと思います。

ですから、成約率があがらないという場合、
・セールスページで去る人
・入力ページで去る人
二種類がいることになります。

後者が異常に多い場合、
買う気に一度はなったけれども、
入力ページに問題があった
と判断できます。

その時、セールスページをいくら改良しても
成約率が伸びることはありませんね。

もしセールスページと入力ページが分かれているなら
アクセス数と販売数だけでなく
・購入するボタンを押す人の数はどれだけいるのか?
ということもしっかり計測するようにしましょう。

これでどこでお客さんが
脱落してしまっているかが判断できます。

成約率と言うと、どうしてもコピーやページの構成に気を取られがちです。

しかし、フォームも成約率を左右する重要な要素だ、ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*