信頼関係を築くコンテンツで、販売ページ(LP)を強化する

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料のプレゼントなどで、
お客さんのメールアドレスを取得し、
信頼を築くコンテンツを配信した後、
商品を買ってもらう。

2ステップマーケティングとか
リードジェネレーションとか言われます。

インターネットでビジネスをしていれば、
このような方法を取っている方も多いと思います。

ただ、ある工夫をするだけで
グンと売上がアップする可能性があります。

それは…
お客さんとの接触頻度によって
販売ページを変えることです。

このような方法を取っている場合、
リスト取得ページがお客さんとの
ファーストコンタクトになるように、
集客のプロセスを設計すべきです。

つまり、全てのアクセスは
リスト取得ページに集中させるべきだということ。

しかし、それはあくまで理想論。
現実は広告媒体などの運営上の都合で
直接、販売ページにアクセスを集めなければならない、
と言う場面も少なくありません。

そのような場合、
・ファーストコンタクトとなる販売ページ
・ある程度、信頼関係を築いた後で紹介する販売ページ
は、別々に設定した方が成約率があがります。

もちろん全文書き直すのが理想です。
しかし、現実の場面でそれは難しいですから、
ヘッドライン(見出し)を変えるだけで、全くOKです。

具体的には…
ファーストコンタクトの場合、
ヘッドラインのセオリー通り、
本文を読みたくなるような
興味を引くようなものにします。

対して後者の信頼関係構築後であれば、
「どのような成果が得られるのか?」
を明示します。

あなたに対するお客さんの信頼度を
販売ページにも反映しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*