セールスプロモーションが簡単に理解できる3つのパーツ

川崎 功瑛 川崎 功瑛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150218

Kawasaki

インターネットを使うと、
セールスプロモーションが簡単かつ安くできます。

ネットの世界でのセールスプロモーションと
いうのは、基本的に以下の3つから構成されます。


・メール(メルマガ)
・コンテンツ
・セールス

です。

なぜ、セールスプロモーションをすると良いのか?

どんな業種の方であれ、メールリストがあるなら、
ぜひ1度やって頂きたいのが、セールスプロモーションです。

なぜなら、簡単かつ安くできるという
メリット以外にも、


・一気に売上を上げることができる
・信頼関係を構築できる
・セールスのハードルを下げる

といったメリットがあるからです。

ハードルを下げるセールスプロモーション

たとえば、あなたが売りたい商品があるとしましょう。

それをいきなりお客さんに「これ買って!」
とセールスしても成約率は高くありませんよね。

なぜなら、お客さんの心の準備ができていないからです。

あなた自身も、訪問販売でいきなり「ピンポン」
されても買う気にはなれないと思います。

でも、その商品に対して事前の情報提供が
あるとしたらどうでしょうか?

DMとか、電話とかで「こんな人に役立ってます」
とか「こんな悩みを解決できます」という情報が
あれば?

たぶん、その悩みを抱えていたらセールスにも
興味を持つと思います。

セールスプロモーションというのは、
簡単に言えば、セールスのハードルを
下げるための下準備
、なのです。

セールスプロモーション、基本的な流れ

今回は、セールスプロモーションをもっと
イメージしてもらえるように、3つの構成、

・メール(メルマガ)
・コンテンツ
・セールス

の流れをどう作るのか?
について、簡単にお話していこうと思います。

セールスプロモーションの3つのパーツ その1.メール(メルマガ)

まずは、最も重要なパーツでもある
メールについてです。

なぜ、最も重要か?

それは、そもそもメールを送れなければ、
コンテンツやセールスレターを見てもらう
きっかけができない、という単純な理由からです。

セールスプロモーションと通常のメルマガ
では配信の仕方に違いがあります。

具体的には、


・通常のメルマガ=単発の内容でよい
・セールスプロモーション=全体の流れを見る必要がある。

ということです。

説明しましょう。

通常のメルマガのメインの目的は、
お客さんとの信頼関係の構築にあります。

なので、あなたの趣味だったり、考えだったり、
ノウハウをその都度(前後の流れを考えず)書いていけばいいです。

一方、セールスプロモーションは、
最終的に「売る」というゴールがあるわけですから、
セールスレターのように1本の筋道を立ててメールを
書いていく必要があります。

簡単な流れとしては、

・興味を持たせる

・問題意識を持たせる

・その問題が悪化するとどうなるのか?
を痛感させる

・問題解決したあとのバラ色の未来は
どんなものかを伝える

・そのノウハウがありますよ、と伝える。

・商品の発表

・セールス開始

といった感じが基本となります。

そこで、どうやって問題意識を持たせたり、
バラ色の未来を伝えるのか?

それが、次の「コンテンツ」になります。

セールスプロモーションの3つのパーツ その2.コンテンツ

コンテンツというのは、あなたが持っている
情報、ノウハウなどを提供するものです。

提供方法としては、


・PDF
・音声
・映像

などがメインとなってきます。

メール自体もコンテンツになりますから、
「私はメールだけでコンテンツ提供します!」
というのも良いと思います。

が、より細かく情報を提供できるのは、
音声や映像に軍配が上がります
から、その点は
内容によって柔軟に対応していってください。

流れにそって、コンテンツを複数回提供する
ことで、問題意識を向けることができますし、
何より「信頼関係」と「権威性」が高まります。

あなたのことを「その道のエキスパート」と
認識して「この人なら問題を解決してくれる」
と思ってもらえれば、セールスがラクになるのは
想像に難くありませんよね。

ですから、ポイントとしては
「全力で価値を提供する」ということです。

有料級の情報をここで出していきましょう。

すると、「こんなの無料で出して良いの?
商品はもっと凄い情報が入っているに違いない」
と期待してもらうことができます。

セールスプロモーションの3つのパーツ その3.セールス

そして、最後にセールスが来ます。

ここにセールスレターが入ってきますし、
最近ではセールスビデオも反応が良いようです。

注意したいのは、セールスレターに書く内容と
これまでのセールスプロモーションにしっかりと
一貫性を持たせる、
ということです。

意外とここでミスをしてしまい、メール・コンテンツで
言っていることセールスレターで言っていることが
ちぐはぐになってしまうことがあります。

それをリリース前に予防するためにも、
スタッフや信頼できる人に1度、全体の流れを
チェックしてもらうといいでしょう。

・・・

足早な解説になりましたが、全体像は
うっすらとでも理解していただけましたか?

メールとコンテンツとセールス。

それに一貫性を持たせることで、しっかりと
売れるセールスプロモーションを作ることができます。

難易度が低いとはいいませんが、気軽に
始められるのも事実です。

なのでまずは、テストがてらに1回
セールスプロモーションを実際にやってみてはいかがでしょうか?

学べるものは大きいと思いますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>