WordPressのカテゴリーの設定方法【WordPress作り方講座6】

間宮 一樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150512

Mamiya

Wordpressを使ったブログの作り方を紹介しています。
今回はカテゴリーの設定方法です。
 

Wordpressのカテゴリーについて

カテゴリーは、投稿記事をグループ化するための機能です。
例えば、オクゴエ!では、

「インターネット集客」
「インバウンドマーケティング」
「コピーライティング」
「マインドセット」
「マネジメント」

といったようなカテゴリーが設定されています。

このカテゴリーを作ることによって、
読み手に取って便利になり、必要な記事を見つけやすくなります。

WordPressには「カテゴリーアーカイブ」が用意されており、
カテゴリーごとの記事一覧を簡単に表示させることができます。
 
 
カテゴリーを正しく作ればSEO効果も期待できます。

カテゴリー名そのものがキーワード検索の対象となります。

例えば「インターネット集客」というカテゴリーを作っているなら、
「インターネット集客」と検索された時に、
カテゴリーアーカイブが検索対象となります。
 
 
ここでは、カテゴリーの設定方法について説明していきます。
 

カテゴリー編集画面を開く

WordPressの管理画面から、投稿→カテゴリーで
カテゴリー編集画面を開くことができます。

150512-01

カテゴリー編集画面はこのようになっています。

150512-02

左側が『新規カテゴリーを追加』、
右側が作成済みのカテゴリー一覧です。

『新規カテゴリーを追加』でカテゴリーを作成すると
カテゴリー一覧に表示されるようになります。

この画面からカテゴリーの編集もできます。
 

新規カテゴリーを作る方法

『新規カテゴリーを追加』には4つの入力項目があります。

・名前 → カテゴリー名
・スラッグ → カテゴリーのURL
・親 → 親カテゴリーの設定
・説明 → カテゴリーの説明

この内、新規カテゴリーの作成で使うのは
「名前」と「スラッグ」のみです。

それ以外の2つは、無視しても大丈夫です。
 

名前:カテゴリー名の設定

ここには、カテゴリー名を入力してください。

150512-03

ここで入力したカテゴリー名がキーワード検索の対象となります。
見込み客が検索するキーワードでカテゴリー名を作成してください。
 

スラッグ:カテゴリーのURLの設定

ここには、カテゴリーのURLを入力してください。

150512-04

スラッグというのは、簡単に言うとページ名(URL)の
最後の部分を好きな文字列に指定できる機能のことです。

オクゴエ!のURLで言うと、

http://okugoe.com/category/internet-marketing/

の internet-marketing の部分が設定できます。

このスラッグに何も入力しないと、
カテゴリー名の日本語がURLに表示されるようになります。

日本語URLは一見よさそうな感じですが、
これはやめた方がよいです。

なぜなら、日本語URLを取り扱っていないアプリがあり、
エラーが起きてしまう可能性があるからです。

また、日本語URLだと、システム側が読み込む時に、
日本語から特殊な文字列に一度変換することになり、
URLをコピペして使う際に意味不明な文字列になってしまいます。
 
 
スラッグは必ず英数字で作成するようにして、
意味が通り、シンプルな単語で構成するようにしましょう。
 

親:親カテゴリーの設定

ここでは、親カテゴリーの設定ができます。

150512-05

ここは基本的には入力する必要はありません。

ですが、カテゴリー数があまりにも多くなってしまう場合は、
親カテゴリーを作って整理することができます。
 

説明:カテゴリーの説明

ここには、カテゴリーの説明を入力することができます。

150512-06

ここも基本的には入力する必要はありません。

使用するテーマによっては、
カテゴリーの説明が表示されるものもありますが、
ほとんどありません。

SEO的にも効果は余りありませんので
使うとしたらカテゴリーの管理用に使ってください。
 
 
設定が完了したら『新規カテゴリーを追加』をクリックしてください。

150512-07

カテゴリーを作成すると、一覧にはこのように表示されます。

150512-08

 
 
これで新規カテゴリーが作成できました。
 

カテゴリーの編集方法

合わせてカテゴリーの編集方法も説明しておきます。

作成したカテゴリーにマウスを合わせるとこのように表示されます。

150512-09

『編集』をクリックすることで、
選択したカテゴリーの編集画面が開きます。

150512-10

ここの内容を変更することで、
作成したカテゴリーを編集することができます。
 
 
内容を変更したら『更新』ボタンをクリックしてください。
 

カテゴリー作成の注意点

お伝えしてきたように、
カテゴリーそのものがキーワード検索の対象になります。

カテゴリーの記事が充実してこれば、
そのカテゴリーの記事一覧がSEOで見つけられるようになり、
アクセスを多く集められるようになります。

ですので、カテゴリーは適当に作ってしまわずに、
どんなカテゴリーで上位表示を狙いたいかを考えてから
作成するようにしてください。
 
 
次回は、メニューの設定方法についてお伝えします。
 

これまでのWordPress作り方講座はこちら

WordPressでブログを作るための準備
WordPressのログイン方法と管理画面の使い方
WordPressのテーマの選び方と設定方法
WordPressのウィジェットの選び方と設定方法
WordPressのヘッダー画像の設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>