WordPressの初期設定をしよう!『パーマリンク設定』【WordPress作り方講座9−5】

間宮 一樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150630

Mamiya2

Wordpressを使ったブログの作り方を紹介しています。

今回は、初期設定の中から
「パーマリンク設定」について説明していきます。
 

パーマリンクとは、
ブログの投稿ページやカテゴリーページのURLのことです。

WordPressでは、

http://testsite.com/?p=123

といったようにURLが表示されます。

この 「?p=123」 の部分をパーマリンク設定で
変更することができます。

パーマリンクはSEOでも重要な項目となりますので、
どのように設定したら良いのかを覚えておきましょう。

「パーマリンク設定」の設定方法

パーマリンク設定を開くには、WordPressの管理画面から
設定 → パーマリンク設定をクリックします。

150630-01


パーマリンク設定の設定画面はこのようになっています。

150630-02


初期状態では、
・デフォルト
・日付と投稿名
・月と投稿名
・数字ベース
・投稿名
といったパーマリンクが用意されています。

また、
・カスタム構造
の項目には、入力欄があり、
任意のパーマリンクを設定することができます。
 
 
設定方法は簡単で、
使いたいパーマリンクにチェックを入れて
『変更を保存』をクリックするだけです。

続いて、どんなパーマリンク設定がよいのかをご説明していきます。
 

パーマリンクは一度設定したら変更しない

パーマリンクの言葉の意味は、
恒久・不変を意味する「パーマネント」(permanent)と
「リンク」(link)が掛け合わされた造語です。

その名の通り、一度作られたらずっと使われるものです。

そのため、途中でパーマリンクを変更するとなると、
それまでに作成したリンクが使えなくなってしまいます。

他にも途中でパーマリンクを変更してしまうと、
・SNSのシェアがリセットされてしまう
・SEOの効果もリセットされる
といった不具合が発生します。

ですので、パーマリンク設定はブログをはじめる前に行い、
その後は変更しないようにすることが基本となります。
 

どんなパーマリンクがよいのか

前述のとおり、パーマリンクはSEOにも影響があります。

理想的なパーマリンクについては、
Googleが次のように述べています。

・IDや記号ではなく、意味のある単語になっている
・人間が読んでわかるものである

具体的な例を示すと、

例えば「ダイエットの方法」が書かれたページであれば、

http://testsite.com/how-to-diet

といったパーマリンクがよい、ということになります。

このように書かれていれば、
意味のある単語で書かれていますし、
人間が読んでも、
「ダイエットのやり方が書かれているんだな」
と理解することができます。
 
 
なお、パーマリンクは日本語でも作ることができますが、
HTMLで記述されると文字がアルファベットに変換され、
不必要に長くなってしまいますのでおすすめしません。

パーマリンクは英語で記載することを基本にしましょう。
 

おすすめするパーマリンクの設定

先ほどのようなパーマリンクを作るには、
初期状態で用意されている設定ではいけません。

パーマリンク設定の設定画面から、
カスタム構造にチェックを入れて、
入力欄に 「/%postname%」 と入力してください。

150630-03


すると、記事投稿画面から
パーマリンクを個別に入力することができるようになります。

150630-04


このようにして、記事ごとに関連した
英語のパーマリンクを設定することをおすすめします。

これまでのWordPress作り方講座はこちら

WordPressでブログを作るための準備
WordPressのログイン方法と管理画面の使い方
WordPressのテーマの選び方と設定方法
WordPressのウィジェットの選び方と設定方法
WordPressのヘッダー画像の設定方法
WordPressのカテゴリーの設定方法
WordPressメニューの設定方法
WordPressの初期設定をしよう!『一般』の設定
WordPressの初期設定をしよう!『投稿設定』の設定
WordPressの初期設定をしよう!『表示設定』
WordPressの初期設定をしよう!『ディスカッション』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>