価値の高い情報発信で実現するインターネット集客!

間宮 一樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140520

Mamiya

こんにちは、間宮一樹です。

“初心者のためのインターネットマーケティング”を
テーマにお届けしています。

今回は、ネット集客にホームページは必要か?
というお話です。

◆◇◆◇◆◇◆◇

「お金をかけてホームページを作ったのに、
 まったく売上につながりません・・・。」

ネット集客の仕組みを教えていていると、
多くの経営者からこのお悩みの相談を受けます。

キレイなデザイン、丁寧な会社案内、たくさんの商品紹介ページ…
ホームページに必要な物は全部入っています。

でも、残念ながら、一生懸命ホームページを作ったとしても、
それが売上につながるわけではないのです…。

もちろん、売上につながるホームページは作ることができます。
ですが、小さな会社にとって、それは目指すべき目標ではありません。

小さな会社こそ、インターネットは活用するべきです。ですが、小さな会社にはホームページはいりません!

実は、ホームページから売上が上がらないのは
当たり前のことなのです。

そもそも、ネット集客に成功している会社の多くは、
ホームページだけで売上を上げているわけではありません。

むしろ、ホームページは
“会社の情報を載せているだけ”であって、
そこから直に商品が売れたりすることはほとんどありません。

それでは、
ネット集客に成功している会社は何を使っているのかというと、

それは、

ブログと、メルマガと、SNSと、セールスページです。

これらのツールを適切な場面で使い分けて活用することで、
商品やサービスを販売しています。

ネットで売る大原則は3つのステップ

ネットで商品やサービスを売る時には、
次の3つのステップを踏むことが重要です。

ステップ1. 見込み客を集める
ステップ2. 顧客教育をして関係を深める
ステップ3. セールスをする

インターネット集客で失敗をする会社のほとんどは、
このステップが上手くできていません。

ホームページでいきなり商品を売ろうとしてしまっています。

例えば、

「あなたが取り扱っている商品を、
 道端で出会った初対面の人に売ってください。」

こんな風に言われたら、どうしますか?

常識的に考えれば、
いきなり「買ってください!」とは言いませんよね?

まずはあなたがどんな人で、
どんな商品を取り扱っていて、
どれくらいの価値のあるもので、
あなたにとってどんなメリットがあるのか、

といったことをまず伝えようとしませんか?

これが高額商品であれば、なおさらちゃんと説明をして、
こちらのことを理解してもらおうとするはずです。

ですが、これがインターネットになってしまうと、
途端にできなくなってしまう
のです。

よく、高額商品のセールスページを作って、
いきなりそのページにアクセスを集めようとしているのを
見かけたりしますが、それは、典型的な失敗例です。

そんなやり方では、商品は売れるはずはありません。

顧客教育をすれば、高額商品でも売れる!

それでは3つのステップで具体的になにをするのかを
紹介していきます。

ステップ1. 見込み客を集める

見込み客の情報を集めることが目的になりますが、
具体的には、メールアドレスを手に入れることです。

ここで使うのがブログとSNSです。

ブログには見込み客が知りたい情報を掲載しておきます。

例えば、売りたい商品がダイエットの健康食品であれば、
ダイエットの食事に関する記事を書きます。

ブログの記事をたくさん書くことで、
ネット検索で見込み客がドンドン集まってきます。

SNSも同様です。

先ほどの例でいえば、
ダイエットメニューに関するグループを作成したりして、
見込み客が集まるコミュニティを作ります。

そのSNSのコミュニティからブログに誘導するようにします。

ここで大切なのは、
メールアドレスを残してもらえる仕組みを用意しておくことです。

ブログには、メルマガ登録フォームを
必ず設置しておくようにしましょう。

ステップ2. 顧客教育をして関係を深める

こちらから情報を発信して、価値観を伝えていきます。
見込み客との関係性を築くことが目的です。

ブログやSNSで伝えていくのもいいですが、
ここで活用するのはメルマガが一番です。

ステップ1でメールアドレスを登録してもらった人に、
定期的にメールを送るようにして、
あなたの考え方や、サービスのことを伝えていきましょう。

ただし、ここではすぐにセールスはしません。

メルマガでは見込み客にとって価値のある情報を提供します。

ここでしっかりと価値を提供することで、
後で売り込みをした時にセールスにつながるわけです。

ステップ3. セールスをする

セールスレターで、商品やサービスを紹介します。

ステップ2で、顧客教育が完了してからの売り込みです。

顧客教育がしっかりできていれば、
あなたから購入してもらう可能性は高くなります。

ここでは、商品を申込むことのできる
セールスページを用意しておきます。

セールスページを作るほどの商品でなければ、
メールで申し込みできるようにしても大丈夫です。

この3つのステップは
何も真新しいことをしている訳ではありません。

これまでの商売で行われていた当たり前のことを、
インターネットに置き換えただけのことです。

まずはブログで価値提供を始めてください

ここまで読んでいただければお分かりの通り、
ネット集客で稼ぐのに、ホームページは必要ありません。

もし、これからネット集客に取り組むのであれば、
まずはブログを作るところから始めてください。

もちろん、メルマガ登録フォームを設置して。

あなたが、価値のある情報を発信すればするほど、
売上につながる見込み客が集まってくるはずです。

今回ご紹介した3つのステップのさらに詳しいやり方は、
次から具体的に掘り下げていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>