情報発信がインターネット集客成功の秘訣

間宮 一樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
141125

Mamiya

ブログやメルマガで情報発信をする時に、
情報の出し惜しみをしていませんか?

インターネット集客で成功したいなら、
情報の出し惜しみをしてしまってはいけません。

ブログやメルマガでは、
読者にできる限り価値を与えることが重要です。
 
 
返報性の原理(へんぽうせいのげんり)という
言葉は聞いたことがありますか?

これは心理学の用語ですが、

『人は何かしらの施しを受けた時に、
 お返しをしなくてはならないという感情を抱く』

というものです。
 
 
普通の感覚だったら、
プレゼントをもらったらお返ししなくてはいけない
と思いますよね?

それのことです。
 
 
つまり、
あなたが出し惜しみなく情報発信をすれば、

「こんなに役立つ情報をくれてありがとう!」

と思ってもらえるばかりでなく、

「この人から商品を買わないと悪いな。」

という気持ちになってもらえるわけです。
 
 
情報をたくさん与えてから
商品やサービスをセールスすれば、
買ってもらえる可能性が高くなります。

ですので、あなたが持っている情報は、
たとえ商品やサービスの核となるものであっても、
ドンドン出していくべきです。
 

情報をガンガン出す人が信頼される

とは言え、核となる情報をガンガン出していくことに
抵抗のある方もいると思います。

特に、コンサルタントや士業の場合は、
持っている情報そのものに価値があるわけですから、
それを出してしまうことに抵抗があるのはわかります。

「有料で情報を提供しているのに、
 無料でそれを出してしまうことなんてできない。」

というわけですね。
 
 
しかし、そんな風に思って情報発信していると、
発信している情報がぼやけたものになってしまいます。

そして、肝心な情報を出すことをしないで、

「残りの情報を知りたければこちらを買ってください。」

とセールスをしてしまいます。
 
 
少し前の時代であれば、
そのやり方でも通用したかもしれません。

しかし、
今となってはそのやり方では売ることは難しいです。
 
 
なぜなら、
多くのコンサルタントやマーケッター、
そしてあなたの同業者が、
無料で情報をガンガン発信するようになっているからです。

あなたの同業者で、
「こんな情報まで出してしまってもいいの?」
というところまで情報発信している人はいませんか?

特に、業界内のトップの人ほど、
そんな風に
ガンガン情報発信しているのではないでしょうか。
 
 
情報を出し惜しみなく発信している人と、
肝心な情報を出さない人と、
あなただったらどちらを信頼するでしょうか?

これは考えてみたらすぐにわかりますよね。
 
 
もはや情報を受け取ることに慣れてしまった人たちは、
中途半端なノウハウには見向きもしません。

肝心なところを隠すようなブログやメルマガは
読んでもらえなくなってしまうのです。
 

情報を発信することで得られるもの

では、情報を出し惜しみなく
読者に与えたらどうなるでしょうか?

まず、一番に得られるのはあなたの信頼です。

隠すことなく情報を発信すれば、
読んだ人は何かしらの結果を得ることができます。

それがいい結果であれば、あなたは
成果を出せる人として信頼されるようになります。
 
 
そして一度、信頼を得ることができれば、
メルマガやブログで商品やサービスを紹介した時に
お客さんになってもらえるようになります。
 
 
もう一つ、情報を出している人のところには
次々と新しい情報が集まるようになります。

これも返報性の原理が働いているのですが、

「こんなに役に立つ情報を教えてくれたのだから、
 お返しに私が知っているスゴイことを教えます。」

といった感じで、
情報を受け取った人から情報が得られるようになります。

情報の等価交換が行われているわけです。

時には、普通では知ることができない情報を
教えてもらえることもあります。

ひょっとしたら有料で情報を販売するよりも
いい情報が転がり込んでくることがあるかもしれませんよ。
 
 
 
いかがでしょうか?

そもそも、
あなたが情報を発信することで失うものはありません。

むしろ、ここでお話したように
得られるもの方がたくさんあります。

ぜひ、あなたが持っている情報は
出し惜しみすることなく
ガンガン発信するようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>