インバウンドマーケティングにソーシャルメディアがなぜ必要なのか?

間宮 一樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140812

Mamiya

インバウンドマーケティングに関することを
連続してお届けしています。

これまでの記事はこちら
広告費が少ないならインバウンドマーケティング
インバウンドマーケティングに成功する考え方
インバウンドマーケティングならブログ
 

小さな会社でもインバウンドマーケティングで
成果を上げられるようになったのは、
ソーシャルメディアの普及によるところが大きいです。

なぜ、ソーシャルメディアが重要なのか。

その一番大きな理由は、
「みんなが使っているから」です。
 

当たり前の事のように思えますが、重要な事です。

あなたの見込み客の多くはソーシャルメディアを使っています。
その見込み客にリーチし、情報を拡散させることができるのです。

みんなが使っているものは、あなたも使うべきです。


あなたが見込み客と関係性を築きたいのであれば、
あなたのビジネスでもソーシャルメディアを使いましょう。

特に、インバウンドマーケティングにおいては、
ブログとソーシャルメディアとの相性はバツグンです。
 

インバウンドマーケティングで成果を出したいのであれば、
ソーシャルメディアの利用は必須です。

今からその理由をもう少し詳しくお伝えしていきます。

ソーシャルメディアってなに?

いまさらですが、
ソーシャルメディアの定義はなんでしょうか?

ウィキペディアによると、


「ソーシャルメディアは、誰もが参加できるスケーラブルな情報発信技術を用いて、社会的インタラクションを通じて広がっていくように設計されたメディアである。」

ということらしいです。
 

・・・よくわかりませんよね?

ここでは、簡単に


「ソーシャルメディアは、
 ウェブを通じて双方向のコミュニケーションができ、
 情報を共有することができるツール」

と定義しておきます。
 

“双方向のコミュニケーションができる”
というところが大きな特徴です。

それまでは、一方から情報を発信し続けるだけだったのが、
発信する側も情報を受け取ることができるのです。
 

これは、
インバウンドマーケティングにおいては
とても意味のあることです。

インバウンドマーケティングの目的は、
お客さんの方からアプローチをしてもらうことでした。

そのための『仕組み』としてソーシャルメディアは最適です。
 

ソーシャルメディアであれば、
お客さんからアプローチしてもらうことができ、
アプローチしてくれたお客さんに返答することもできます。

ブログだけでは難しい、
“お客さんとの関係づくり”が可能になります。
 

インバウンドマーケティングにおいてソーシャルメディアとは、
お客さんとのコミュニケーションができる
極めて重要なツールになるのです。

 

どのソーシャルメディアを選ぶべきか?

ソーシャルメディアには様々なものがあります。


Facebook、Twitter、Google+、mixi、
Youtube、Line、LinkedIn、Tumblr・・・

他にも、
ソーシャルニュースサービス、
ソーシャルブックマークサービス
などがあります。
 

インバウンドマーケティングを行う上では、
状況に合わせて複数のソーシャルメディアを活用するべきです。

ですが、はじめのうちは1つに絞ってください。
 

そして、どれか1つを選ぶのであれば、
現時点では圧倒的にFacebookです。

その理由は、
・日本での利用者数が2,200万人以上(2014年7月時点)
・ビジネス利用に向いた機能が備わっている
・アクティブなユーザーは毎日利用している
・男女問わず35歳以上において、急成長してきている

といったものです。
 

特に最後の理由に注目してください。

Facebookはもともと大学生のSNSとして始まりました。

今では、それを大きく凌駕して、
大学生のためだけのメディアではなくなりました。


ビジネス人口の多い35歳以上の市場にリーチできる
貴重なソーシャルメディアとして急成長してきているのです。

 

まずはFacebookを使ってみて、
慣れてきたら他のソーシャルメディアも使うようにすることを
おすすめします。
 

※Facebookのビジネス利用については
 こちらの記事に書いています。

Facebookをビジネス利用する5つのポイント
 

ブログとリンクすれば効果は倍増!

ソーシャルメディアの特徴として、


『拡散性&即時性が高い』

というものがあります。
 

この特徴を利用して、
ブログを使ったインバウンドマーケティングの
弱点を補うことができます。
 

ブログのコンテンツがインターネットで
“見つけられる”ようになるには、
検索エンジンで上位表示される必要があります。


検索エンジンで上位表示されるようになるには、
時間のかかることが多く、すぐには成果が出にくいのです。

 

そこをソーシャルメディアで補います。

具体的には、ブログに記事を投稿したら、
すぐにソーシャルメディアにその記事をシェアします。

そうすれば、
ブログの記事が検索エンジンに登録される前でも
ブログの記事を一気に広めることができます。

インバウンドマーケティングを始めたばかりでも、
ソーシャルメディアを上手く活用すれば、
早い段階で成果を上げることも可能です。
 

また、ソーシャルメディアには、
『新しいコンテンツしか注目されない』
という弱点があります。

それに対して、ブログのコンテンツは
ある程度時間が経過していても、
検索で“見つけられる”ことができる
という特徴があります。 
 

つまり、ブログにコンテンツを投稿した直後は
ソーシャルメディアを使って拡散させる。

ある程度時間がたったら、
検索エンジンの検索で“見つけられる”ようになる。

といった、双方の弱点を補い合う使い方ができるのです。

このように、インバウンドマーケティングにおいては
ブログとソーシャルメディアの相性はバツグンです。

インバウンドマーケティングで成功するためには、
ブログはもちろんのこと、
ソーシャルメディアの活用も必須と覚えてください。
 

そして、ソーシャルメディアとしてFacebookと同じくらい
重要なのがYoutubeです。

ご存知、動画共有サイトですね。

次回は、インバウンドマーケティングにおける
Youtube、動画の活用についてお話していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>